頭では理解できても、特に男性には難しい?

川内:でも、それって本当に冷静じゃないと「何に手こずっていて、どうしてあげればいいのか」を判断するのは難しい。言い方は本当に申し訳ないですけど、介護者側が「この人は自分の母である」という認識があることで、むしろ難しくなる瞬間があるわけです。

 我々の場合は、「この方はすごく立派な、大手の企業にお勤めでいらっしゃる方だったんだけれども、今はご病気になられて、でも、ここさえサポートできたら排泄はまだできるはずだ」、と、例えばドラマチックに思っていたりするわけなんです。

 だけど同じ状況をご家族が見られたら「あんなにしっかりしていた人なのに、こんなところまで手伝わなきゃいけないなんて」となって。しかも、家族だから何でも言えちゃう。実際にがんがん言ってしまう、そして、それが辛さを増幅してしまうんです。

松浦:それはその通りですね。自分の親だから、まず気安さがあるし、それからわりとストレートに感情が行き来しているんですね。そうすると、お互いに怒りだしちゃって、もうどうしようもなくなる。

川内:いや、もう本当にそう思います。

松浦:もちろん、頭では理解しているんですよ。そこを切り離して自分も対応しなくちゃいけないというのは分かっているんだけれども、なかなかできないんです。

川内:そこには、男性の場合、特に大きな壁というか、理由があるんです。

(次回に続きます)

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「介護生活敗戦記」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。