(前回から読む

 『母さん、ごめん。』の著者、松浦晋也さんと、NPO法人「となりのかいご」の代表理事、川内潤さんが、松浦さんがお母さんを介護した現場である、ご自宅で「会社員の息子が母親を介護する」ことについて、語り合います。

松浦:私が、介護の辛さから母親を叩いてしまったことを、妹がケアマネージャー(以下ケアマネ)さんに相談したところ、ケアマネさんは私と母親の距離を開けて冷却するために、すぐに母のショートステイ先を手配してくれました(経緯は「果てなき介護に疲れ、ついに母に手をあげた日」参照)。

 川内さん、ちなみに、もしケアマネさんが「大変ですね」と言うだけで自ら動くことをしなかったなら、家族の側はどうなってしまうのでしょうか?

川内:何が起きるかというと、自分でショート(ステイ先)を探すしかないわけです。

松浦:自力で探さなくちゃいけないとなると、それはつらい!

Y:で、その自分は、お母さんを殴ってしまうくらい限界まで追い詰められている状態なんですよね?

川内:はい。「自分が限界だからショートステイとかないんかいな」と、切羽詰まった状態で探すことになります。

川内 潤(かわうち・じゅん)1980年生まれ。老人ホーム紹介事業、外資系コンサル会社、在宅・施設介護職員を経て、2008年に市民団体「となりのかいご」設立。2014年に「となりのかいご」をNPO法人化、代表理事に就任。ミッションは「家族を大切に思い一生懸命介護するからこそ虐待してしまうプロセスを断ち切る」こと。誰もが自然に家族の介護に向かうことができる社会の実現を目指し、日々奮闘中。

Y:うわあ……。

川内:「こっち(介護者)が言わない限り、向こう(介護サービス)から何か来るということはない」という状況になってしまうと、本当に介護者は大変です。たとえばデイサービスでも、被介護者の状況次第で、どこでもいいというわけいかない。家から出るのをいやがる方なら、ちゃんとそういうお誘いができるところはどこなんだろう、とか、状況に合わせて考えねばならない。

 ケアマネにはそれだけのことが求められていますし、そこまで踏み込んで介護者の力になれる人かどうかというのは……ケアマネの資格試験には、一応そういう項目も出てきますけれど、現場でそれを実行するかどうか、技量があるかどうかは、1人ひとりに任せられちゃっているところがあるんです。なので、松浦さんは本当に優秀なケアマネさんが付かれていたんだなと思いました。

 もう1つ、本を読んで気になったことがあるんですが、よろしいですか。

松浦:どうぞ。

「他人の言うことなら聞く」って傷付きませんか?

川内:最初のデイサービスの利用の日に、松浦さんが一生懸命お母様に「デイサービスに行ってください」と言ってもだめだったという話があるじゃないですか。それがデイサービスのイケメンが来たら、急に「あらそうなの?」みたいなことになった(「『イヤ、行かない』母即答、施設通所初日の戦い」)。

 これは本当によくある話で。私もそういうふうにして――私は全然イケメンじゃないですけど「編み物を教えてください」とか、すごくいろいろなお声掛けをしてお誘いしたことがもう何度もあります。その、自分が言ってもダメだったのが、スタッフがさらっとお母様を動かしてしまったときの印象はどうでしたか。「何で自分じゃだめなんだろう」みたいな気持ちにはならなかったですか。

松浦:そのときは、「これは身内がやるよりも、他人がやった方がいいんだな」と思いました。