ヤマトに大切にしてほしい「信頼」「挑戦」「人」
ヤマトに大切にしてほしい「信頼」「挑戦」「人」

佐川、郵政などライバルとの争いに負けるな

最後に、都築さんから見て、今後、ヤマト運輸、ヤマトホールディングスが大事にすべきものは何でしょうか。

都築:繰り返しになりますが、まずは「信頼」です。今回の件で、ヤマト運輸は大きく顧客の信頼を損ねてしまいました。だからもう一度、信頼を構築しないといけません。今や郵便局だって、サービス品質を上げて来ています。かつての郵便小包と宅急便のような明確な差はないのです。佐川急便さんも上場を準備していると聞きました。こうしたライバルがいることも意識しながら、ヤマトの品質も上げていかないといけないと思います。

 二つ目は「挑戦」です。宅急便は郵便小包という独占事業への挑戦でした。また宅急便だけでなく、ヤマト運輸はこれまでも、いろいろな事業に挑戦してきました。出遅れたこともありましたが、挑戦してきたから100年の歴史を築いてきた。逆に今回、こういう事件が起きたから、この機を生かしてほしいですね。

 好景気で会社の調子がいいときというのは、実は経営者にとっては、やりにくいことも多いのです。でも今は、会社として見直すときですから、無駄を省いたり、新しいサービスを考えることが大事です。せっかくヤマトには歴史があるのですから、歴史から学んだり、経営者も勉強して出直し、挑戦するときだと思いますね。

 そして忘れてならないのは「人」ですね。信頼を得るのもお客さんに接する「人」で、会社の挑戦を実際に形にするのも「人」ですから。最前線にいるドライバーをはじめ、人を育て、大切にする会社になってほしいと思います。僕自身はもうヤマト運輸を離れていますが、ヤマトの事業の社会的意義は大きいし、後輩たちには期待しているんです。

情報をお寄せください。

 物流現場の労働負荷が高まっています。
 ネット通販が急増する一方、働き手が増えず、物流インフラを支えることが限界に近づいています。賃金や労働環境はなかなか改善しません。こうした物流現場の実態が分からなければ、社会的な理解は進まないのではないでしょうか。

 そこで「日経ビジネス」では、読者の皆様からの情報をお待ちしています。宅配や倉庫など物流現場の実態や、物流パニックへのご意見など幅広い情報をお寄せ下さい。

アクセス先 https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/R028400d5.html

 取材源の秘匿は報道の鉄則です。そのため所属機関のパソコンおよび支給された携帯電話などからアクセスするのはおやめください。

 郵送でも情報をお受けします。

〒108-8646
東京都港区白金1-17-3
日経BP社「日経ビジネス」編集部「物流パニック取材班」

※送られた資料は返却しません。あらかじめご了承ください。