背番号で伝統と誇りを背負う

 ユニフォーム全体のイメージを固める上で、特に重視したのが「背番号」のデザインでした。背番号は、チームの誇りと伝統を背負う象徴でもあり、試合をより魅力的に見せる要素でもあります。そしてラグビーのユニフォームには選手の名前が入らないので、背番号が選手のポジションを表す重要な視覚要素となるからです。

 そこでサッカーやアメリカンフットボールなど、ほかのスポーツのユニフォームの背番号のデザインを参考にしながら、どういった背番号が選手を強そうに見せるか、試合中に目立つかを検証しました。

nendoが提案した背番号案。伝統やチームの思いを「背負う」象徴としてデザイン
nendoが提案した背番号案。伝統やチームの思いを「背負う」象徴としてデザイン
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで出来上がったのは、早稲田の「W」を角に配して「勢い」と「ハリ感」を強調したもの(A)から、背景に必ずベンチ入りできる選手の人数を表す「23」が入っており、全員一丸となって戦うプレースタイルを表現したもの(B)。丸みのあるフォントに早稲田の「稲穂」を背負うもの(C)などです。なかでも山下監督の関心を引いたのは、(A)のデザインでした。

 外に向けてパワーを押し出し、さらに「早大ラグビー部の伝統と誇りを背負う」ことを強調する。最終案では、数字に輪郭を入れ、その中に過去の優勝年を小さく入れるアイデアが追加されました。

実際に採用された背番号のデザイン。数字の周囲を、早大ラグビー部の全国大学選手権大会の優勝年で取り囲んでいる。数字の角にはWを模した模様を入れ、勢いとハリ感を強調した
実際に採用された背番号のデザイン。数字の周囲を、早大ラグビー部の全国大学選手権大会の優勝年で取り囲んでいる。数字の角にはWを模した模様を入れ、勢いとハリ感を強調した

 背番号のデザインが固まった後も、早大ラグビー部の部員の協力のもと、試作ユニフォームを使ったフィッティングを何度も繰り返しました。中でも、背番号をどれくらいの大きさにするかは、特に気を配っています。ユニフォームに対して背番号の大きさが小さすぎると、選手が強そうに見えず、衆目を集めることが出来ないからです。

試作ユニフォームを使ったフィッティングの様子。選手の身体の上にプリントアウトした背番号をあて、全体の印象を確認。わずかなサイズの違いで与える印象にかなりの違いがあると分かった
試作ユニフォームを使ったフィッティングの様子。選手の身体の上にプリントアウトした背番号をあて、全体の印象を確認。わずかなサイズの違いで与える印象にかなりの違いがあると分かった
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニフォームのボーダー柄と同じく、背番号のサイズや位置も、ほんの数センチ違うだけで与える印象に違いが出ます。小さなことに思えるかもしれませんが、こういった細部への配慮の積み重ねが、チームを強くするデザインに繋がるのではないでしょうか?

次ページ 生活の細部にまでこだわり