人事企画課の川村和菜氏

良品計画ではどのような人材を求めていますか。

川村:欲しい人物像としては、自ら考えて行動できる人、素直な人、やさしい人ですね。まず自分の言葉で情報を発信し、指示待ちタイプではなく主体的に行動できるかどうか。そしてダイバーシティという大きな流れの中、価値観の違いがあってもそれを受け止めて、正しい目で周囲を眺められるかどうか。

 我々の考える「やさしい人」とは、単にソフトな物腰というものではありません。相手のことを深く考えて行動できるか、例えば、相手のために時には厳しい指摘をできるか、といった意味です。また、業務では部署を超えて協力する機会も多いですから、自分だけ成果を上げればそれでよしという人は困ります。

ビジネスモデルについても理解を

学生の方にあらかじめ知っておいてほしいことはありますか。

川村:応募する前に、まずホームページなど公開情報は基本的に把握しておいてほしいですね。あと、小売業という性質上、消費者でもある学生さんとの距離感が近いのですが、「無印良品」というブランド、製品が好きというのと、実際に働くことは違います。企業としての良品計画のビジネスモデルについても、ある程度は理解しておいてほしいですね。

 実際のビジネスの現場では自分で判断し、厳しい決断を下していく局面もあります。そうしたことも理解しておかないと、店舗イメージとのギャップが生じるかもしれません。

英語力は必要ですか。

川村:英語はできるに越したことはありませんが、不可欠ではありません。海外赴任の場合、良品計画では比較的少人数の経験豊富なスタッフで現地に乗り込むことも多いです。

 その際に大事なのは、まったく異なる土地でも能力を発揮できるか、判断力やタフさ、基本的なコミュニケーション力といった面です。実際、特に語学ができなくても赴任した人もいます。

採用情報
 2016年卒の内定数は72人、エントリーシートへの応募数は約4000。17年卒の採用はほぼ同規模。選考プロセスはエントリーシートやグループディスカッション、面接などで構成する。有価証券報告書(2014年3月~15年2月末)によると、連結の従業員数は4795人。うち国内直営事業996人、アジア地域事業2581人、欧州地域事業378人など。単体の平均年齢は36歳、平均勤続年数は7年超、平均年間給与は521万円。

EDINETから画面左の「書類検索」を選び、書類提出者/発行者/ファンドに「社名」を入力すると、有価証券報告書や半期報告書などを閲覧することができます。