誠実さやチームワークを重視する傾向
●金融各社の最新採用情報
誠実さやチームワークを重視する傾向<br /> ●金融各社の最新採用情報
注:エントリー数、内定数、初任給は2016年卒採用のもの。年収は有価証券報告書ベース、本体か主要な事業会社、第一生命は内勤
[画像のクリックで拡大表示]

海外強化、理系もアリ

 近年は金融も企業買収や自前の拠点開設などを通じ、海外展開を強化。年に数百人規模で海外駐在のローテーション異動を実施するメガバンクもある。海外に進出した日系企業のお手伝いという役回りだけでなく、現地企業との取引強化も進めつつある。

 英語力が必要か聞いてみると、「あくまで得意分野の一つという位置づけで必須ではない」が共通回答。ただ「内定後は勉強してもらう」(東京海上日動火災保険人事企画部の横山功介氏)。同社では採用コースによっては入社3年目に海外研修を実施しているが、参加するには一定の水準が必要だ。

 文系が多いイメージの金融。だが「情報技術を活用したフィンテックやビッグデータなど理系の活躍の場が広がっている」と損害保険ジャパン日本興亜人事部の佐野淳氏は強調する。

 銀行には地域密着が強みの地方銀行もあるが、「出身地や地縁の有無は採用とは関係ない」(横浜銀行人財部の岡村健寛氏)。しかし、ある地銀では地元の名門高校出身者を優遇するとの声も。地場の大企業に出身者が多く、先輩後輩の関係を使って食い込めるケースが多いためだ。

《本記事は、日経ビジネス2015年12月14日号スペシャルリポートを再構成しました》

 「日経ビジネス」は経営者や面接官をはじめとするビジネスリーダーにご愛読いただいている、読者数No.1の経済誌です。学生の皆様には、特に就職活動時に挑むための情報源としてご活用いただき、「大変役立った」と好評をいただいています。詳しくはこちらをご覧下さい。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。