●全身の不調を表す言葉もさまざま

・北海道では、倦怠感があることを「こわい」と言うことが圧倒的に多いです。(総合診療科、40代)

・東北地方のかなり広い範囲で、「だるい」を「こわい」と言います。秋田県では、回転性のめまいを「まくまくする」。青森県の八戸では心窩部の不快感を「胃がにやにやする」と言います。いろいろな病院で診療して、方言の勉強になりました。(呼吸器内科、50代)

・「いずい」は「なんとなくだるい感じ」を表す。東北地方全般で使われている印象。(一般内科、20代)

・房総半島で、「こわい」という方言を聞いた。「不調一般、痛い」を指す。(循環器内科、50代)

・富山県では、胸部症状(呼吸苦や胸痛など全て)を、「うい」という言葉で表現するため、主訴の判断が難しい。(呼吸器内科、50代)

・石川県白峰地方、「やーだいや」は「疲れた」、「てけにゃ」は「体がひどい」という意味。(循環器内科、50代)

・石川県の能登地方で、「たいそい」「ちきない」「てきない」、加賀地方では「へしない」「へしねー」などが、「たいそうである、倦怠感あり」という意味でした。(一般外科、40代)

・福井県嶺北地方。例えば、「腹がてきねー」は「腹が痛い」、「足がやめる」は「足が痛いとだるいの間」、「足がほめる」は「足が熱いようなだるいような感じ」、「体がやめる」は「体がだるい」など。(一般内科、50代)

・静岡県では、倦怠感のことを「えらい」という。(呼吸器内科、30代)

・長野県では「ずくがねえ」とか「ごしたい」というのはよく聞きます。「ずくがねえ」とは、「元気、やる気が起きない」のこと。「ごしたい」とは、「身体がだるい」みたいな感じと考えれば良いです。(泌尿器科、50代)

・愛知県の西尾張地方では倦怠感、疲労感を「づつない」と表現します。兵庫県の「腹満感、お腹が苦しい」より高知県の土佐弁などの「苦しい、つらい、なす術がない」に近いような気がします。(一般外科、50代)

・和歌山県では、全身倦怠感のことを、「づつない」と言う。(消化器内科、40代)

・広島県福山地方の「にがる」が最初、分からなかった。「痛い、しんどい」という意味です。(精神科、40代)

・徳島県で「せこい」というのはケチという意味ではなく、「苦しい」という意味らしい。(総合診療科、40代)

・高知県高知市、高齢の患者から「今日はのうが悪いぞね」と言われたことがある。「脳がどうしました?」と聞きなおすと、高知県では「調子が悪い」ことをのうが悪いと言うそうだ。(循環器内科、50代)

・高知県高知市で、調子が悪いことを「うんじゅう」と言われ、化膿しているのかと思ったこと。35年も前のことだが、他にも多数のお年寄りの方言に困り、外来診察時には通訳として看護婦さんが付いてくれていました。(脳神経外科、60代)

・福岡県筑後南部地方で、調子はどうか?などと尋ねて「おろよか」と言われたら、「よくない」という意味。(精神科、40代)

●悪い?と思ったら、「体調が良い」

・福井県嶺北地方では、身体が健康なことを「身体がかたい」といいます。80歳以上の方の多くが使います。多くの県外出身医師は、間違って「そうですか、身体が硬いなら柔軟体操がいいですね」と返しています。(精神科、40代)

・広島県呉市で、「みやすい」と言われて意味が分からなかった。後に「良い」あるいは「快適である」に近い、良い意味の言葉であると知った。(整形外科、40代)

・熊本県天草地域の「おろわるか」。「おろ」が否定の接頭辞で、「わるくない」、つまり良いですという意味になります。(一般内科、50代)

この記事は日経メディカルに2016年5月27日に掲載された記事を一部改編したものです。内容は掲載時点での情報です。