また、館内のどこかで水道管の破損があったようで、補助タンクから供給をはじめると漏水でフロアが水浸しになってしまいます。水道が回復したとしても館内への給水は不可能な状況です。

 壁面・天井損傷箇所で情報ケーブルの断線もあっているようで、外来フロアが業務システムのサーバに接続できなくなりました。これにより16日は館内での処方対応が難しくなり病院裏の駐車場にて処方対応させていただきました(写真5)。

 こんな状況でも、来られた患者さんの無事な姿を見て、言葉をかわし笑顔をかわせると、お互いに本当に安心できます。

 この日は、出勤できるスタッフのみで、処方対応と自力でできる範囲の復旧作業をいたしまして、終業いたしました(写真6)。

 スタッフも皆、一様に自宅でも病院同様の被災状況があり、片付けては余震で散乱する、家具が倒れ壁面が崩落する、といった状況で家の中では寝られる状況になく、車中生活や避難所生活を余儀なくされ、16日未明の本震で自宅が完全に倒壊した者もでてきております。

 震源が浅い活断層地震、ということで、揺れる時間そのものは短いのですが、今まで経験したことがない突然突き上げるような揺れで震度5~6クラスの地震が毎日発生し、10~20分置きに震度3~4クラスの余震が繰り返され、震度1~2クラスの余震については、すでに気にならない位の常態になりつつあります。

 断水の長期化で、被災地全域で飲料水が調達できない状況なのですが、水の都である熊本にあっては、本当に皮肉なことにその地下には阿蘇の伏流水が豊富にあります。この地下水脈が、ひたすら続く余震で地盤の液状化現象をもたらし、道路が地割れをおこし、泥水が噴き出す箇所も増えてきました(写真7)。

[画像のクリックで拡大表示]

 これを見るたびに、インフラの寸断や、地盤沈下による家屋倒壊といった2次災害被災に対する危機感も募り、我々の心を不安定にしています。

 患者さんもスタッフも、熊本市民全員が、体力的にも精神的にも非常に厳しい状況にあります。余震が収まらないことには、復旧作業もままならない状況です。

 はやく余震がおさまりますように!
 これ以上、熊本の被害が拡大しませんように!
 被災された方すべての無事と安全を祈っております。
 本当に辛い状況ですが、なんとか皆で頑張って乗り越えましょう!!!