「数字が読めない」「決算なんて見るのも苦痛」――。書籍「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」は、そんな人にこそ読んでほしい1冊です。この本には、専門的な会計分析の手法は載っていません。その代わり、5つのビジネスモデル別に「決算から業界・会社の実力を読み解く方程式」を紹介しています。

 楽天やヤフー、クックパッドといった国内企業から、米フェイスブックや米アマゾン・ドット・コム、米ネットフリックスのような海外のメガカンパニーまで、計37社の決算分析事例も掲載しています。それらを読みながら著者の分析を追体験することで、実践的な戦略分析のやり方が身につくでしょう。右の書影をクリックいただければ購入できます。是非ご覧ください。

 現代のビジネスパーソンは、いや応なしに多くの「数字」と日々格闘せざるを得ません。管理職ともなれば、その情報量は膨大なものになります。

 自社の売上高や成長率、提供するサービスや商品の販売状況、チームの貢献度などはもちろん、今は競合他社の状況もほとんどリアルタイムにわかる時代だからです。

 ただ、こうして日常的に触れている「数字」を、経営分析やサービス分析などで自分なりに再利用できる「知識」に変換できる人は非常に少ない。

 この「数字を知識に変換するスキル」を「ファイナンス・リテラシー」と呼びましょう。2009年まで楽天で働き、その後シリコンバレーで会社を創業した私の感覚値でしかありませんが、日本人の数学力は国際的に見ても非常に高いと感じています。ただ、それなのにファイナンス・リテラシーに欠ける人が少なくありません。

 野球に例えるならば、練習では豪速球で良いボールを投げていたのに、いざ試合になると全くストライクが取れないピッチャーのようです。

 皆さんがすでに身につけている「数字を読む力」に少しだけコツをプラスすれば、一生モノのビジネススキルを身につけることができます。簿記のような専門知識がなくても、決算から各社の状況や事業戦略の変遷を上手に読み取ることができれば、たくさんある関連ニュースの因果関係や各業界の動向を正しく理解できるようになるでしょう。

 では、決算で各社の戦略を確認し、ニュースとの因果関係を読み解くには、具体的にどうすればいいのでしょう。今回は、私がコンテンツ・プラットフォームの「note」(ノート)で連載中の「決算が読めるようになるノート」でまとめた「KDDIの携帯料金値下げについての考察」を事例にして、分析方法を紹介していきます。

KDDIはなぜ値下げしたのか?

KDDIが打ち出した新料金「auピタットプラン」(写真=栗原 克己)

 7月10日、日本経済新聞電子版は「KDDI、苦渋の「格安」新興勢に押され値下げ」という衝撃的なニュースを報じました。

 以下は、記事からの引用です。

 KDDI(au)は10日、スマートフォン(スマホ)の主要プランを最大3割値下げすると発表した。平均で2割という異例の下げ幅で、格安スマホへの顧客流出を防ぐ。KDDIは大手3社のなかでも格安スマホ普及による打撃が大きく、いわば一人負けの状況。

 実際、格安スマホへの顧客流出はKDDIの屋台骨を揺るがしつつある。同社は今年2月に契約回線数の内訳を初めて公表。回線数全体は伸びているものの、重複を除くユーザー数が少なくとも15年6月末以降、減少している実態が明らかになった。15年は格安スマホが市場で存在感を高めていった時期。ユーザー数の減少は今も続き、18年3月末には2477万件と今年3月からさらに37万件減る見通しだ。

 と、KDDIが苦しい状況にあると伝えています。実際に、直近の決算資料(2017年5月11日:KDDI2017年3月期決算)で契約数に関する数字を確認してみましょう。