のれんの「減損」って何なの?

 先ほどの例では、90億円ののれんがバランスシートに追加される、という話をしました。

 では、この90億円分の資産は、時間が経つにつれてどのように評価されるべきでしょうか。この90億円分の資産が、ハードウェアなどの物理的な資産である場合、「減価償却」という考え方があります。

 減価償却を説明します。企業が100万円のサーバーを買うとします。この場合、サーバー購入時に100万円の支出となります(現金が100万円減り、有形資産が100万円分増える)。この100万円は、全額費用計上は(通常)できません。

 ハードウェアは物品ごとに耐用年数が定められ、この100万円の支出をその耐用年数にわたって毎年少しずつ費用として計上する必要があります。価格にもよりますが、サーバーの耐用年数が「5年」と設定されているとします。すると、毎年20万円ずつを費用として計上していくことになります。これが減価償却です。

 モノがあるサーバーとは異なるように思えますが、のれんも同じ資産です。正しく評価しなければいけません。のれん代の場合、楽天やDeNAといった国際会計基準(IFRS)を採用している企業では、毎年決まった額を償却するのではなく、「減損テスト」によって対応します。

 「減損テスト」とは何でしょうか。「その資産がバランスシートに計上されているだけの価値があるか」を毎年、客観的に評価するものです。

 仮に買収時に90億円分の価値がある、と評価された「のれん代」が、数年後に10億円の価値しかないと再評価された場合は、差額の80億円分をその期に損失として認識しなければなりません。これが減損処理です。

 ちなみに、仮に80億円分減損することになったとしても、この80億円はそのタイミングで現金が放出されるわけではありません。

 買収金額の100億円は既に買収時に支払い済みであり、80億円の減損処理、というのはあくまで会計上の話です。

 一方で、この減損処理は営業利益を大きく減らすことになります。また多くの場合、税務上も非常に不利な扱いを受けます。会計上は損失として扱わなければならないにもかかわらず、税務上は損金扱いできない場合が多く、控除が受けづらいからです。