恥ずかしくて周りに聞けない人も多いかと思います。また、分かっているようで意外と分かっていないのは、こののれん代の「扱い」です。 のれん代と言うと、一見それは経理部や財務部の人だけが知っていればいいように見えますが、決してそうではありません。

 ネット業界のようにM&Aが頻繁に行われる業界では、事業部長レベルでも、「のれん代」の仕組みを理解していないと、自分の担当する事業の営業利益などに大きな影響を与えるリスクがあります。

 そういった意味で、今回はこの「のれん代」というものが一体何なのか、なるべく分かりやすく解説してみたいと思います。

「のれん代」とは何か?

 会計ルールは見ていると疲れるので、事例でいきましょう。ある大企業がスタートアップ企業を買収するとします。それぞれ以下のような財務状態とします。

大企業
 売上高: 100億円
 営業利益: 10億円
 時価総額: 500億円
スタートアップ
 売上高: 10億円
 営業利益: 1億円
 簿価: 10億円

 ここでは、このスタートアップ企業を100億円の現金で買収するとして考えてみましょう。

 帳簿上の価額である簿価が10億円の会社を100億円で買収するので、大企業のバランスシートから100億円の現金が減り、スタートアップ企業の簿価分の10億円以外にも90億円分の「何か」をバランスシートに追加しないと、均衡が崩れてしまいます。その「何か(=買収額と簿価の差分)」を「のれん(代)」と言います。