「クゥ~ン、クゥ~ン…」

 愛くるしいつぶらな瞳と、生き生きとした仕草で見る人を魅了する犬型ロボット「aibo」。「育てる喜び、愛情の対象となり得るようなロボットの開発に着手している」。2016年6月の経営方針説明会で平井社長がそう発表してからわずか1年半で製品化にこぎつけた裏には、度重なる失敗にくじけることなく挑戦を続けた技術者と、彼らを支えた経営陣の姿があった。

aibo開発チームメンバー。左から順に、電気設計担当の伊豆直之氏、メカ設計の石橋秀則氏、ソフトウェア担当の森田拓磨氏(写真:竹井俊晴)

 構想が始まったのは16年1月。新しい事業を模索する中で、かつて手掛けていたロボットというテーマがおのずと浮上した。「『何ができるか』という経営陣からの問い掛けと、『こんなことがやりたい』という現場の思いが一致した」。開発チームの立ち上げに関わった、AIロボティクスビジネスグループ事業企画管理部の矢部雄平統括部長は振り返る。

 ソニーが先代AIBOの生産を打ち切ったのは06年だ。家庭用ロボット事業としては、10年のブランクがあったが、ソニーにはメカトロニクスやセンサーといったロボットに欠かせない技術の蓄積がある。問題は、平井一夫社長兼CEO(最高経営責任者)がこだわる「感動を提供する会社」として、どんなロボットを打ち出すかにあった。