移民第2世代、どう受け入れるか

安倍首相は「いわゆる移民政策は取らない」と言っています。

國松:周囲にいる移民反対派の人たちに気を使っているのでしょうが、労働力だけとして受け入れるというのは現実的ではありません。実際には日本に働きにやってくれば日本で生活するわけですし、家族もやってきます。さらに子どもが生まれる。こうした人たちをどう受け入れていくのか、真正面から議論する必要があるのではないでしょうか。浜松では「移民第2世代」をどう受け入れていくかが大きな課題となり、それを克服するべく取り組んできたわけです。

 グローバル人材が育っていると報告して下さった大学教授は、たくさんの問題が起きている現状は十分に理解しているが、暗闇の中に出口の明かりが見えることが重要だとおっしゃっていた。未来を見ることが大事なのです。定住外国人の問題で、浜松など現場に学ぶべきことはたくさんあります。

スイスに学ぶ、移民受け入れのインフラ

大使をされていたスイスは移民を受け入れてきた長い歴史があります。

國松:外国人の受け入れについてスイス政府には明確な理念があります。異なった文化を持った人たちがやってきてスイスという国が多文化並立、つまりマルチカルチャーになるのは困る。かといって、スイス式にすべて改めよという同化政策でもうまくいかない。目指すべきはインテグレーション(統合)だとしています。スイス社会に溶け込んでいってもらう、ということでしょう。日本で言う多文化共生です。

 それをスムーズに行うために移民庁があり、外国人を受け入れるきちんとしたインフラを整えている。これは日本にはまったくありません。

「移民政策は取らない」と言うことで、現実に起きている問題から目をそらしているようにも思えます。

國松:政府が外国人受け入れに関するきちんとした理念を持つことが大事です。ところが日本ではこれまで、それぞれの役所が自分の担当分野の中だけでバラバラに行動してきた。建設現場や農作業で人手が足らないからと言って「技能実習」という名目で労働力を導入してきた。場当たり的な対応だったわけです。そうした理念がない中で、現場では警察が目先の対応に追われて苦労してきました。問題を起こした外国人は捕まえて国外退去させるといった対症療法に追われたのです。

日本語教育義務化など制度整備が不可欠

まずは政府が外国人受け入れの理念を明確にすべきだ、ということですね。

國松:はい。外国人を受け入れるにしても、誰でもOKというわけではないでしょう。きちんとした基準を設けて、それを満たして入ってくれば、定住者としてきちんと面倒をみる。一定以上の日本語を身に着ければ定住許可が得られるとなれば、真剣に勉強します。ハードルを高くして、きちんとふさわしい人たちに来てもらう仕組みは不可欠です。

 一定の基準を満たさない人は受け入れないというルールを作るためには、どんな人ならば定住者として受け入れるかという明確な理念がなければなりません。何の理念もなく、なし崩し的に居住している外国人が増えていく、という状況は避けるべきです。

外国人労働者を受け入れたいという自治体も増えているようですね。

國松:やはり人手不足が各地で深刻になっていることが大きいと思います。私たちの財団でも秋田県の大潟村で意見交換会を開く予定ですが、大潟村の農業を守っていくには外国人を受け入れないと無理だ、と考えているようです。

鎖国はできない、覚悟を決める必要も

英国の国民投票でEU離脱が多数を占めました。シリアなどからの難民などが欧州に押し寄せ、移民に対する風当たりが強くなっていることが背景にあります。

國松:世界で強まっている移民排除のムードは、日本での定住外国人の議論に間違いなく逆風です。だからと言って、外国人を一切受け入れないで鎖国することなどできるわけがありません。現実に日本にやってきて何十年もたつ定住外国人もたくさんいるわけです。どうやって外国人を受け入れていくか。覚悟を決める必要があります。