滋賀県大津市のJR大津京駅からほど近い立地の分譲マンション。地元デベロッパーである大覚が売り主で、南海辰村建設が施工した。引き渡し直後に不具合が見つかり、その責任の所在をめぐって、大覚と南海辰村建設による訴訟に発展している。

大津市のマンションの外観。14階建てで2009年に完成した(写真:全て石田 高志)

 ことの発端は、全108戸のうち販売済みの59戸が入居した直後の2010年1月だった。住民から騒音の苦情があり、大覚が雨水を一時的に貯める貯留槽を開けたところ、水が流れこむパイプに不備があった。雨水はパイプを経由せず貯留槽に直接、流れ落ちていた。大覚の山下よし子社長は「普段は目に見えないところで欠陥が見つかり、これは他にもあるに違いないと思った」と当時を振り返る。

 大覚は室内の軽微な手直しなどが済んでいないとして、南海辰村建設に対して工事代金の支払を拒否。「手直しが終わったら支払う」と通達した。しかし手直しされないまま、1月中旬に南海辰村建設から工事代金請求訴訟の訴状が届いた。

 訴訟を起こした南海辰村建設の片岡健治・取締役はこう語る。「我々は何度も手直しに応じてきた。大覚は、双方で手直しをすることで合意していた箇所以外の手直しまで要求してきた」。

 その後、不具合は他にも見つかった。例えば立体駐車場の地下にはコンクリートのすき間から漏れだしたとみられる地下水が溜まったまま。茶色く濁り、汚泥が堆積している。

 今年2月時点で深さは約50cm。何度もポンプで汲み出しているが、すぐに溜まる。大覚によれば、累計で深さ4~5mの地下水が漏れ出しているという。

 立体駐車場を動かすチェーンは水に浸かってサビ付き、いつ切れるか分からない。安全性が確認できず、現在、全ての立体駐車場が使用禁止になっている。

立体駐車場の地下に溜まった水。コンクリートから漏水している可能性がある
立体駐車場のチェーン。さび付いて安全性が確認できない状態だ

 大覚が依頼した第三者機関の調査では、屋上で200トンを超えるコンクリートの余分な施工も見つかった。屋上が重くなれば、建物の構造は弱くなる。第三者の調査結果は、「建築基準法違反で地震が来れば危険な状態になる」と指摘した。

 大覚は「安全が確認できない」として、入居済みの59戸に対して、販売価格での払い戻しに応じることを決定。28戸が契約を解除した。

 次々に不具合が見つかったことを受け、大覚は南海辰村建設を反訴し、建物の建て替え費用などを請求。訴訟合戦となった。