電気だけで儲けようとは思っていない

他社も安い料金プランを打ち出してきています。御社のメニューの特徴は。

:電気はもともと薄利多売のビジネスで、電気だけで儲けようとは思っていません。電気をきっかけにして東急とお客様のつながりを強め、満足度の向上を目指したいと思っています。

河内:他社は、電力使用量が比較的多い家庭の料金を割り引くメニューを打ち出しています。「東急でんき」の基本料金は、東京電力の現行料金と比べて、30A契約で6.6%、40A契約で4.8%、50Aで7.7%、60Aで9.6%安く設定しており、幅広いご家庭でメリットが出るようにしました。沿線住民の多くのご家庭に使っていただきたいという思いがあります。

 価格の安さだけではなく、生活に密着した便利さを追求していきたいと思っています。そうした意味では、顧客ターゲットはファミリー層で、その中でも家計を支える主婦の方がニコッとできるサービスにしたいと思っています。お得な買い物で思わず笑顔になる「サザエさん」のような方に便利さを実感していただけると嬉しいです。

東急パワーサプライ経営管理グループ長の原寛一執行役員(左)と営業グループ長の河内綱司執行役員