福生から沖縄まで「GOING TO A GO-GO」

野地:最後に横山さん、もしトヨタでもう1台欲しいとしたら、なんですかね。

横山:今、うちにはエスティマハイブリッドがあるんですけど、それの新型を。家族で乗る車、自分が乗る車、レースに出る車と分けていて…。

野地:じゃあ今、3台。

横山:レース用とクラシックとキャデラックとエスティマ、4台です。普段乗るのは2台ですね。

野地:それは全部、自宅にあるんですか。

横山:3台は自宅に。レース用のは本牧ガレージといって楽器置場があるんですけど、そこに置いてあります。

野地:高倉健さんに聞いたんですけど、スティーブ・マックイーンはビバリーヒルズにある高級ホテルに自分のクルマを22台置いてたんですって。1人、エンジンかけるための専任の人がいたって。

横山:もうスケールが(笑)。

野地:高倉さんもホテルパシフィックに18台、持ってたんですよ。亡くなってから初めて聞いたんですけど。

横山:品川ですか。

野地:あそこに全部停めてて。三菱の車もあったし、ポルシェもあったし、ベンツも、アメ車も。

横山:見たかった。

野地:高倉さんもクルマが大好きでしたねえ。全部、自分で運転して。高倉健か横山剣かというぐらい。

横山:いやいやいや、足元にも及ばないですよ。

野地:そうそう10年ほど前、高倉さんにCKBのアルバム「グランツーリズモ」をプレゼントしたことがあります。ドライブのときに聴いてくださいと。

横山:うれしいですけど、怒ってなかったですか?

野地:えっ?って戸惑ってました。

横山:やっぱり(笑)。

野地:で、久しぶりの新アルバムは「GOING TO A GO-GO」。

横山:8月1日発売。コンサートも8月の終わりから、福生から沖縄まで。

野地:楽しみです。

横山:ありがとうございます。日々カイゼンしながら、いいツアーにしたいと思います。

野地:今日はどうもお忙しいところありがとうございました。すごくいい話で。あ、クレイジーケンバンドをトヨタのコマーシャルにとぜひ推薦したいですね。忘れないようにこの記事にも書いておきます(笑)。

横山:ありがとうございます。ぜひ(笑)。

■重版出来!『トヨタ物語

 トヨタはなぜ強いのか――その本質に迫る巨編ノンフィクション。日経ビジネス連載「トヨタ生産方式を作った男たち」に書下ろしの新章などを加えた圧巻の408ページ、早くも4刷。日経BP社刊