カイゼンはサボるために

野地:河合さんもインタビューでおっしゃっていたけれど、「カイゼンは横着なやつほど思いつく」。トヨタ生産方式が労働強化ではないという証拠みたいなものですね。みんな、楽がしたいからカイゼンをする。

河合:そうです。

野地:楽をしたいから、誰もがカイゼンを考えようとする。

河合:ほんと。入ってすぐの新入社員から定着させないとダメです。管理監督者がいくら能書き垂れても、「楽をするために考えろ」と言う方がみんなやりますよ。

野地:やっぱり頭のかたい人はあまりカイゼンはしないのですか、河合さんの周りを見ていても。

河合:いや、頭のかたい人はね、もっと大がかりに金を使ってカイゼンをしようとする。ロボットを入れる、センサーを入れる。自動でやる。大がかりになるだけ。

 僕らがカイゼンを考えたのは、とにかくサボりたくてしょうがなかった(笑)。いや、ほんとに。でも、最近の人ってまじめなんですよ。言われたことを言われたようにきちっとやる。僕らの頃は、標準作業をやれと言われても、少しでも早く帰って、酒を飲みに行きたいから、何かしら考える。「自分で好きなように考えろ」という風土ですから。

 100個作れと言われたら、100個をいかに早く作ろうかを考える。そして、終わったら遊びに行く。そういう世界だったんですよ。

野地:では真面目な人ばかり入ってきたら、トヨタは危機です。河合さんみたいなサボりたいやつを入れた方がいいです。一生懸命やることを表彰し始めたらおしまい。もっと適当にやれと。

河合:真面目な話をすると、標準作業というのがあるでしょう。僕は標準作業を標準にするな、と。毎日変えろと言ってるの。決めたことを1年も同じことをやっとったら、もうそりゃ退化だぞ。よそは進歩しとるのに、日進月歩でやっているのに、うちが同じことをやっていたら負けますよ。むろん、安全と品質は確実に保証せにゃあかん。でも、半年も1年も同じ標準作業でやってるということはまったくカイゼンされてないということになる。

野地:トヨタの工場って、3カ月くらい時間をおいて見に行くと、どこか変わってますね。

河合:そうです。それがトヨタ生産方式です。ラインだって、引き直す。現場の「絵模様が変わった」って言うんです。

 「おっ、ここなんかすっきりしたな。どうしたの?」って聞いたら、「河合さん、ここにあったゴミ箱の位置を変えました」って。それでいいんですよ、カイゼンってそんなことなんです。

野地:それでいいってことですね。