1997年の創業から21年、日本の家庭の食卓文化をリードしてきた“フードテック”の老舗、クックパッド。その初期メンバーであり、現在も同社のブランディング部門を率いる小竹貴子氏が、気になるフードビジネスの新芽をピックアップし、現場を訪ねる。連載8回目は、1699年創業の老舗の鰹節とだし製品の専門メーカー、にんべん。最近では体験型店舗や海外戦略など、日本の食文化を代表する「だし」を幅広い客層に広めようと積極的な展開に乗り出している。だしの可能性を探った。今回はその後編。

(取材/2018年5月6日、構成/宮本恵理子)

にんべん社長の高津克幸さん(写真:竹井俊晴、ほかも同じ)

小竹貴子氏(以下、小竹):高津社長が就任してから、さらに「だし」の原点に立ち返っている印象があります。私のイメージでは、子どもの頃は「にんべん」と言えば「つゆ」のイメージが強かった。それが最近は、こういった店舗を含め、「だし屋さん」としての印象が強くなりました。

高津社長(以下、高津):当社は320年前、日本橋で鰹節を売ることから始まりました。つゆを売り始めたのは54年前なので、だしに比べれば歴史は浅い。もとは一般の家庭でも、鰹節でだしを引いて、かえしと合わせてつゆをつくっていたんですが、あまりつくられなくなったところで商品のつゆが登場し、濃縮タイプでめんつゆ以外の用途にもいろいろ使える万能調味料になっていきました。

小竹:つゆの万能調味料化は、家庭料理にとっての一つの転機でした。私がだしに注目しているのは、だしに立ち返ることで、私たちの日々の料理がもっとシンプルに、楽しめるものになるのではないかという仮説があるからです。

 私はクックパッドで広告企画をつくっていた時期が長いのですが、食品メーカーが出す新商品は、調理工程を減らすことを訴求する簡便調味料が年々主流になっています。けれど、そればかりに頼っていると冷蔵庫がいくらあっても足りません(笑)。

 その点、鰹節、しょうゆ、みりんといった基本の調味料の使い方を理解しておけば、家族の体調によって味付けを変えるなど、料理の楽しみ方は無限に広がります。

 にんべんの場合は、つゆという調味料を売れ筋商品としながら、だしも根幹に据えています。ただ実際のところ、鰹節の消費の動向はいかがでしょうか。