世界中の心不全を救える日も遠くない

 心筋細胞は自ら拍動する細胞で、iPS細胞から心筋細胞になった途端に拍動を始めます。心筋細胞でできた心筋シートが培養皿の中でドクンドクンと規則正しく拍動する様は、神秘的かつ生命の力強さを感じさせます。その心筋細胞シートを心臓に貼りつけると、心臓の一部となって一緒に拍動し、心臓の収縮機能そのものを改善できる可能性があり、同時にサイトカインなどの修復物質が出て、弱った心臓の機能を回復させると期待されています。さらに最近の研究では、この心筋シートに心筋細胞を育てる働きもあると考えられています。

 年内の実施を目指している臨床研究で使用されるのは、サイラから提供された拒絶反応が少ないタイプのiPS細胞からつくった心筋細胞で、それを筋芽細胞の「ハートシート」と同様の技術でシート状にし、iPS細胞と免疫の型が合う心不全患者に移植する予定だといいます。実現すれば、網膜移植に続き、再生医療にとっての大きな一歩となるはずです。

 「他人由来のiPS細胞を使った心筋シートなら、世界中の心不全患者を救うことも夢ではない」と澤教授。筋芽細胞の「ハートシート」移植から、iPS細胞を使った心筋細胞シート移植へ──。実現する日もそう遠いことではなさそうです。

今回の幹細胞かるた

「と」 どんどんと iPS細胞が 七変化

iPS細胞は、体のあらゆる細胞に変化できるという特徴をもっています。この特徴を生かして、iPS細胞は大きく再生医療と創薬の2つの研究分野に用いられています。再生医療の分野では、iPS細胞から様々な組織や臓器をつくり移植することで、病気やケガによって損なわれた機能を補い、症状を改善することを目指しています。一方、創薬の分野では、患者さんの細胞からiPS細胞をつくると、患者さん由来の細胞は、病気の情報を持っており、患部の細胞をつくることで、患者さんの体の中で起きている病気の状態を、再現することができます。この細胞を使って病気のメカニズムを調べたり、薬を見つけたりすることができます。

出典:「幹細胞かるた」 企画・制作:京都大学iPS細胞研究所、デザイン:大隅 英一郎(picto inc.)、イラスト:石津 雅和(FiTS)

■変更履歴
記事掲載当初、本文中で「もともと経口抗血小板薬として知られている薬の成分を用いることで、未分化細胞が除去できることがわかったのです」としていましたが、「経口抗血小板薬」を「悪性リンパ腫に対する薬剤」と修正させて頂きます。お詫びして訂正します。本文は修正済みです [2017/05/02 9:00]