他人のiPS細胞で病気を治す時代が来る?!

 iPS細胞はES細胞と異なり、拒絶反応も倫理的な問題も心配はない。ただ、細胞ががん化する恐れがある点が課題とされている。また、自分の細胞からつくることができるiPS細胞は、細胞を培養する作業に時間とコストがかかるという。年単位の時間と億単位のコストだ。これでは通常の医療現場ではあまり現実的ではない。そこで、他人由来のiPS細胞を使えるように蓄積しておく「iPS細胞ストック」をつくるという試みがすでに始まっている(⇐いまココ!)。血液型のように細胞にも型があり、他人のiPS細胞でも利用が可能になるかもしれないというのだ。

 iPS細胞を使った臨床研究は、2014年に網膜の中心に障害が起こる「加齢黄斑変性」の患者で1例目が行われた。そして、昨年から“心筋シート”を使った治験を開始した澤教授のチームでは、「iPS細胞を使った心筋細胞シートをつくる試みが進んでいる」という。それについては次回で詳しくお伝えする。iPS細胞から神経、心筋、血液などの細胞や組織をつくる研究は進んでいて、それだけでなく、5ミリほどの小さな肝臓をつくったという報告もある。組織や細胞だけなく、立体的な臓器がつくられる日もやがてくるかもしれない。一方で、iPS細胞以外でも体の中にある幹細胞を使った医療機器や薬などの研究も進んでいる。

オールジャパン体制で政府も研究開発を後押し

 iPS細胞の登場によって、政府がオールジャパン体制でプロジェクトを次々と立ち上げ、基礎研究から臨床応用まで幅広く支援するように決めたことも大きい。2014年には、薬事法も改正し、それまで10年近くかかっていた医療製品の承認が2~3年に短縮されたり、患者の保護を目的とした新法も成立している。再生医療は、細胞培養や細胞医療製品の開発、新薬開発などさまざまな分野があり、多くの企業が医療チームと連携して開発を行う必要がある。つまり、再生医療の発展の先に、医療費の削減と経済の発展を見据えているのだ。

 この連載コラムでは、再生医療に携わるさまざまな専門家に話を伺い、今なにが行われていて、それによって未来はどう変わるのか──をひとつひとつ紐解いていこうと思うので、乞うご期待! 次回は、澤芳樹教授が行った世界初の心臓シートの移植手術について詳しくお伝えします。