同業者は新しい市場をつくる仲間

大型店の出店がよく地元商店街と摩擦を起こしていますが、御社の場合は比較的スムーズにいっていますね。地域社会との関係は、どう考えてますか。

伊藤:その士地の方々が町をおつくりになった。そこへ私どもが新しく入っていく。ある程度は、割り込むことになりますが、やはり、後から仲間入りさせていただくんだという気持ちがある程度ないと間違いが起こる。

 これはごく常識的なことですね。ですから、私どもはできるだけ、土地の方々とお話し合いをしてからしか建築にかかりません。古くさくて当世風じゃないかもしれませんけど。

しかし、そういう常識的な手順を踏むということが大事なんじゃないんで すか。

伊藤:うちでは、同業者さんの社名でも、社員が呼び捨てにすると怒るんです。私はシェアという言葉が嫌いで、性格的にマーケットをクリエートしていきたい方なんです。

 同業者さんはお互い競争者ですが、半面、一つの新しいマーケットをつくる、同じ世界をつくっている仲間だと思うんですね。私どもの出店でも、既存の店舗のないところが多いんです。その方が社会のニーズに応えることにもなりますし、あんまりひどい競争をしてもいけないという考え方なんです。

 そういうことで、マーケットを一つずつつくっていくことを心掛けているんですが、特に日木には本当のポピュラー・プライス・ゾーン(大衆価格帯)のマーケットができていない。これは私どもの不勉強なんです。高ければ、いいものはいくらでもできますが、ある程度、値頃でいい水準の生活ができるということを実現したいですね。これは自分たちだけじゃできませんよ。

「問題」があるからマーケットがある

節約マインドが浸透したとか言われる一方で、毛皮が売れているなど、消費行動はなかなか捉えにくいものでしょうが、今の消費態度をどう見ていらっしゃいますか。

伊藤:確かに、このインフレで商品を見る目が厳しくなったことは事実です。しかし、本当にいい生活って何だということについては、まだお客さまはお分かりになっていないんじゃないでしょうか。我々も、そういう商品をまだ提供していませんね。例えば、日本のこの狭い住生活空間に合った商品一つにしても、十分なものはありませんし――。

 ファッション一つとってみても、本当の色彩感覚とか柄とか材質の組み合わせは、ほとんど定着していないのが実情ですよ。お客さまもお分かりになっていないし、提供する側だって同じです。

 カラーコーディネートだって、せいぜい、ワイシャツとネクタイの段階で、背広までトータルに着こなせる人は本当に少ない。本当にいいものを値頃に提供し、中間層にまで広げるという努力が、我々には残されていると思います。そうすることで、お客さまもそういう生活に慣れていくということですね。

日本人がまだ本当に豊かな生活を知らないということであれば、そこに新しい市場機会はいくらでもあるということですね。

伊藤:そうなんです。日本では柄物の背広に柄物のシャツを着せていますが、英国あたりだと、どっちかは無地ですね。紺の服だと、ブルーのワイシャツを着るという具合に、そういう組み合わせが生活の中に入っています。ところが、日本では、まだそういう着こなしができる人はわずかです。

 私はよく社内で、人間の欲望は無限で、洋服などは、型が合えば合うほど、お客さまはうるさくなると言うんです。小売業は、お客さまに満足していただけばいただくほど、逆に新しい不満をお客さまから頂くことになるという宿命があるんですね。

 しかし、大衆社会が育ちつつあると思ったところにオイル・ショックでしたからね。私どもをご利用いただいているお客さまが今、一番生活が苦しいですね。それだけに私たちの仕事の意味が大きいと思うんですよ。お客さまが困っておられるという問題がある。問題があるからこそまたマーケットが存在するわけですね。

次ページ 利益は自己資本の関数