世界有数の流通コングロマリットを長く率いてきたカリスマ経営者、鈴木敏文氏。1963年に黎明期のイトーヨーカ堂に身を転じてから、トップの座を去るまでの53年間、日経ビジネスは彼の挑戦や奮闘、挫折を、常に追い続けてきた。そして2016年、カリスマ経営者のすべてをまとめた書籍「鈴木敏文 孤高」を上梓した。だが、書籍には収まりきらなかった珠玉のエピソードがまだ数多くある。イトーヨーカ堂創業者・伊藤雅俊氏の素顔から、鈴木敏文氏がそれぞれの時代に語った言葉まで。日経ビジネスが追った鈴木氏と伊藤氏の半世紀を、特設サイト「鈴木敏文 孤高」で連日、公開する。

 今回公開するのは、日経ビジネス1989年2月13日号に掲載した記事だ。コンビニエンスストアの競争力の源泉が中食にあることは、今では当たり前のことである。だがおよそ30年前、コンビニの中食は決して「おいしい」と胸を張って言えるものではなかった。業界1位のセブン-イレブン・ジャパンが挑んだ中食の鮮度競争。この取り組みがあったからこそ、コンビニは日本国民の生活インフラとなり、外食産業を脅かすまでの大きな存在となったのだ。1989年、セブンイレブンはどのような取り組みを実施していたのか。(写真:的野弘路)

※社名、役職名は当時のものです。

緊張感に包まれる役員試食会(左から3人目が鈴木敏文氏)

 1988年11月以来、コンビニエンスストア最大手、セブン-イレブン・ジャパン本部の役員会議室では、1日も欠かさず、役員による昼食会が開かれている。メニューはすべてセブンイレブンの店頭で販売される弁当だ。

役員を連日“弁当責め”

 1989年1月中旬某日のメニューは鶏の照焼弁当。当日のテーマは、工場で製造されたばかりの弁当と、店頭から買ってきた弁当の「比較研究」である。米飯を食べ比べた鈴木敏文社長から、「米飯の粘りに微妙な差がある」と厳しい指摘が飛ぶ。「一体、いつまでテストに時間をかけるのか。直ちに品質劣化をゼロにせよ」。叱責を受けた担当マネージャーは真っ赤になって首をすくめる。

 実は、セブンイレブンは今、弁当・調理パンなど調理済み食品の鮮度向上を図るため、製造・配送時間の大幅な短縮に取り組んでいる。1989年2月いっぱいを製造・配送体制の組み替え終了の目標に据えているため、試食もより入念になるわけだ。セブンイレブンがこうした改革に踏み切るきっかけになったのは、たった1本のテレビ番組なのである。