「家庭」のためのお土産

「らっきょのチキンスープカレー」(タンゼンテクニカルプロダクト)

 スープカレーが北海道発祥であることは、今では広く知られるようになった。その中でも元祖といわれるのがこの「らっきょ」という店で産まれたカレー。鶏モモ1本と卵一個、そして野菜がゴロゴロと、レトルトらしからぬボリュームに家族も驚くはず。

 もちろんスパイスも効いており、食べたあとからまた食べたくなる、不思議な後追い効果のあるカレーだ。

「豚ばら吊るし焼き」(北雄ラッキー・山の手店)

 冒頭で述べた、ここ山の手店ならではのオリジナル「山の手プレミア」というブランド、そのなかでも店員さんのイチオシであった「豚ばら吊るし焼き」を食べてみた。

 大きめの豚バラブロックをじっくり焼き、独自のタレで味付けをしたもので、じんわりとした甘さにご飯がすすむ。

 店頭に並べると同時にファンが買って行くので、常に品薄の状態のようだ。しかしその「いつもあるとは限らない」「出会えたらラッキー」という感覚に、より購買欲を刺激されてしまうのだ。