柴田高(しばた・たかし)
1981年川崎医科大学卒業。医師免許取得後、大阪大学医学部第2外科に入局。大阪府立千里救命救急センター、市立吹田市民病院外科、84年大阪大学医学部第2外科酵素化学研究室に勤務し、87年大阪大学医学博士号を取得。大阪府立成人病センター外科医員、市立豊中病院外科部長を経て、2004年大幸薬品副社長、2010年代表取締役社長に就任。
(写真:陶山勉、以下同)

 慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネス・スクール)が次世代の経営の担い手を育成すべく、エグゼクティブ向けに開設する「Executive MBA」。10月の経営者討論科目の授業には、大幸薬品の柴田高代表取締役社長CEOが登壇し、「外科医療から生まれたEvidence Based Marketing」をテーマに講義した。

 授業の後半には柴田社長CEOと受講者との間で質疑応答が繰り広げられた。老舗企業の改革を目指し選んだ上場という意思決定に関して、その真意や上場後に起きた変化などを尋ねる質問のほか、ファミリー企業としての後継者のあり方、「正露丸」「クレベリン」に続く第3のプロダクトなど、未来の大幸薬品像を問う質問が出た。

(取材・構成:小林佳代)

受講者:大幸薬品が実践しているEvidence Based Marketingは、昔から使い慣れているものにエビデンスを与え可視化していくというもので、非常に面白い発想だと思いました。一方で、ほとんどのアイデアが社長の気付きに依存しているという印象も受けました。社内からアイデアを吸い上げるような仕組みについて、もし考えていることがあればお聞かせください。

柴田:研究開発の社員に対しては、「できるだけ好きなことをやれ」と言って、与えられた仕事以外にチャレンジできる環境を整えています。実際、二酸化塩素の新たな発生方法や正露丸の新たな薬効研究などにチャレンジしている社員もいます。ただ、なかなかそれが結実していないのは事実です。

 私は各界を代表するような専門家と直接会い、「一緒にやりましょう」と共同研究を持ちかけるようにしています。そういう専門家の指導を受けて社員が全く新たな発見ができるような場をつくりたいと今、取りかかっている段階です。私もいい年になってきたので危機感を抱いています。できるだけ発想は社員に任せたいとは思っています。

受講者:私は研究開発の企画をしています。今日のお話の中で、大幸薬品がなぜ二酸化塩素の「クレベリン」に賭けているのかということに興味を持ちました。比較的単純な製品で技術障壁を築きにくく、大手企業の参入なども想定されます。しかも「正露丸」の主成分である木クレオソートとの親和性は低い。なぜ、この分野に力を注ごうとしているのか。その判断基準を教えていただきたいと思います。

柴田:ウイルス・細菌はある意味人類の天敵です。二酸化塩素でそれに立ち向かう会社があってもいいんじゃないかと思っています。

 私は野口英世の生涯を描いた『遠き落日』という本を読んだのがきっかけで医者を目指しました。その野口英世は黄熱病で命を落としています。だから個人的に「野口英世の仕返しをしたい」というふつふつとした思いがあります。肝臓外科医を務めていた時にも、同僚3人が肝臓ガンで亡くなり、7人が肝炎になりました。原因はウイルスです。医療従事者を攻撃するウイルスにはとことん立ち向かいたい。使命感を持って頑張ります。

 50年後、100年後、もしかしたら我々の二酸化塩素ビジネスはずっと小さくなっているかもしれない。でも、大幸薬品が人類の天敵と立ち向かうビジネスを手掛けたという歴史は残ります。それはブランドになります。もしかしたら、そのブランドでほかの製品が売れるかもしれない。そんなイメージで取り組んでいます。