6月22日。今日は東芝の株主総会である。どんよりした空の下、両国国技館を目指して黙々と歩く株主さんたち。道案内の看板に目をやると、今年もやはり、お土産、お弁当は「なし」。「うるさい人達には来てほしくない」という気持ちの表れか。

 すると株主の流れに混ざってとぼとぼ歩くシニア記者の方をぽんっと叩く者あり。

応援、ありがとうございます!

 「あれ、あなた大西さん?」

 全く存じ上げない初老の男性である。

 「はあ、大西ですが」
 「やっぱり、そのメガネ。いつも読んでますよ。今日もあれですか?」

 「あれ」とは、「突撃!」のことだろうか。

 「ええ、まあ」
 「そうか、そうか。そいつは楽しみだ。また鋭いやつを期待していますよ」
 「あ、ありがとうございます!」

 一気にテンションが上がるシニア記者である。日経ビジネスオンラインの読者の皆さんは、ちゃんと読んでくれている。ジャーナリストにとっては百万の味方を得た思い。ええ、やりますとも。立派に突撃してご覧にいれましょう。