井原氏はきっぱり言った。

 「いや、高田さんには随分、勉強させてもらいました。あちらは利用者の大半が男性。うちは90%が女性ですから、実はあまり競合しない。むしろ意識するのは(業界2位の)QVCさんですね」

 なあんだ、そうなのか。意地悪ついでにもう一つ。

 「でも、今の若い人はそもそもテレビを見ませんよねえ。テレビを持っていない人もいる」

 するとカリスマの顔が曇った。

ドーンと売っていこう

 「そうなんですよ。そこは課題ですね。ネットとの共存を真剣に考えています」

 シニア記者なんぞに言われなくても、もちろんわかっているのである。テレビがないのではテレビショッピングも成り立たない。その日は、いつか訪れる。

 しかし、今現在は絶好調。何せ10食3780円の「鍋焼きうどん」を10万5000セット売りきってしまうショップチャンネルである。

 「20周年を迎える今年の11月には、またドーンと記録を更新しますから」

 カリスマ井原はあくまで爽やかに言うのであった。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。