堺ディスプレイプロダクト(SDP)にやってきました

 みなさま、お久しぶりでございます。シニア記者であります。

 年明けから諸般の事情で突撃を見合わせてまいりました。この間「権力中枢からの圧力による降板」とか「編集長の逆鱗に触れた左遷」とか「もう、あまり長くないらしい」とか。面白おかしく噂していただき、まことにありがとうございました。

 残念ながら圧力がかかるほどの大物ではなく、年の割に元気であります(なんで二番目を飛ばしたかはご想像にお任せします)。

 私事で恐縮ですが、4月1日をもって独立し、フリーのジャーナリストになりました。そのドタバタで突撃できずにおりました。

 「独立と同時に連載も打ち切り」と筆者本人も思っておりましたが、そこはそれ懐の広い日経ビジネスのこと。編集長のご厚情により「突撃」は継続させてもらえることになりました。みなさまの期待を背負い、野に放たれた虎のごとく、獲物に向かって突進し続ける所存であります。乞うご期待。

 さて、今は4月2日、土曜日の午後7時。シニア記者は南海電鉄堺駅前のスターバックスで、この原稿を書いております。お仕事があれば、いつでもどこでも。これがフリーの生きる道。

 全ては「彼」のせいであります。

 彼とは鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)会長。今やシャープを実効支配する男が、ここ堺市で午後3時から記者会見を開くというのである。

 2012年以来、すったもんだを続けてきたシャープとホンハイがようやくゴールイン。これは自腹で新幹線代を払っても、行かずばなりますまい。

 そして熱狂の記者会見の帰り道、この興奮を一刻も早く読者にお届けするため、シニア記者は堺駅前のスタバでシナモンロールを食しつつ、マックブックのキーボードを連打しているのであります。グズグズしていると東京に帰れなくなる。ホテル代まで払ったら赤字ですから。

 それにしても、なんで土曜日、なんで堺。

「風と水らしいよ」

 米有力経済紙の記者がこっそり教えてくれました。一旦、合意した2月の記者会見で首に黄色いマフラーを巻いていたのも「風と水」らしいですから、テリー会長にとって風水はとても大事なことなのでしょう。いいですよ、週末でも、堺でも。呼ばれれば、どこでも行きますよ。