2015年、動物病院としては国内で初めて株式上場を果たした。獣医師約70人を抱え、かかりつけの病院から紹介された犬や猫を年中無休で治療する。

(写真=的野 弘路)

年中無休の診療体制
平均寿命の延びに伴って犬や猫にも糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まっている。高額機器を備え、最先端の医療サービスを提供する。写真は放射線治療を受けている犬

 その病院の自動扉が同時に開かない二重構造になっているのは、“患者”を逃がさないためだ。犬・猫専門の動物病院を運営する日本動物高度医療センター。同社は2015年3月、東京証券取引所マザーズへの新規株式公開(IPO)を果たした。一般の病院を運営している上場企業はないため、国内で唯一の「上場病院」といえる。

 現在運営するのは、本院(川崎市)と分院(名古屋市)の2施設。2017年以降には東京都足立区と大阪府箕面市にも新規開設の予定だ。株式上場で得た資金と知名度を武器に攻めの経営を展開しようとしている。

2次診療に特化し成長

 現在も獣医師として診療に携わる平尾秀博社長(冒頭の写真)は「医療機器の充実やスタッフの技術向上に伴い、開業当初に30万円弱だった退院までにかかる平均費用が36万円に上がっている」と話す。診療・手術の件数の伸びも堅調だ。質と量を追求し、成長路線を描いてきた。4期連続の増収増益を狙う2017年3月期では、売上高は前期比9.9%増の23億円、営業利益は同12.7%増の2億7500万円を見込む。

4期連続の増収増益へ
●売上高と営業利益率の推移

 日本動物高度医療センターは東京農工大学の山根義久名誉教授らが2005年に設立し、2007年に川崎本院を開業した。山根教授の教え子である平尾社長も当時から獣医師のまとめ役として加わっている。目指したのは「高度な医療サービスを提供できる2次診療専門病院」(平尾社長)だった。

 全国に1万1000以上あるという1次診療病院との競合は避け、他の病院から紹介された犬や猫のみを受け入れる。強みはMRI(磁気共鳴画像装置)やCT(コンピューター断層撮影装置)など小規模な病院にはない設備を導入している点だ。365日年中無休で、診療時間も午前9時から午後8時までと一般的な動物病院より長い。

 会社設立当時も今も、循環器・呼吸器科や腫瘍科、脳神経科、眼科など多数の診療科がある2次診療病院は、同社を除けば全国に16ある獣医学部を抱える大学付属のみ。だが、大学の本分は教育と研究にあるし、週末や年末年始、夏季休業には対応できない。