宮崎発、「狭い、暗い」イメージを一変させたコインランドリーのチェーン展開を進める。共働き世帯が増えコインランドリーのニーズが増えたことなど時流にも乗り躍進する。
マシンは遠隔操作が可能
コインランドリーにあるすべての洗濯機、乾燥機がネットワークに接続。本部で稼働状況を把握して機器を遠隔操作できる(写真=石井 貞生)
本社にあるコールセンター。24時間体制で来店者のトラブルに対応する(写真=石井 貞生)

 小雨が降る4月17日の夕方4時。宮崎市内にあるコインランドリー「WASHハウス」にはクルマで乗り付けたお客が次々と入ってくる。

 「これから保育園に子供を迎えに行くんです」。まとまった洗濯物を乾燥機に入れ、慌ただしく出て行く20代の女性。「最近、近所に引っ越してきました。道路沿いにあり目立つのでいつか利用しようと思っていました」と話すのは2人の子供を連れた30代の女性だ。

 コインランドリーと聞いて多くの人は「入り口が狭く、店内にびっしりとマシンが並び、薄暗い」といったイメージを持っていることだろう。

コンビニのような店構え

 だがWASHハウスの店舗は前面がガラス張り。コンビニエンスストアのような店構えだ。店内は明るく広々している。マシンもカラフルだ。

 WASHハウスの児玉康孝社長は「24時間年中無休営業で、安心、安全、清潔な店づくりをモットーに、全国展開している」と話す。2002年12月、宮崎市内に1号店をオープン。2004年に福岡に進出後は九州全体に店舗網を広げ、15年には大阪、翌16年には東京にも出店した。店舗数は現在、410店。児玉社長は「今年は152店、来年は230店程度といった具合に毎年1.5倍のペースで新規出店を進める計画だ」と意気込む。

 コンビニのような店構えに加え、WASHハウスには運営面での大きな特徴が3つある。フランチャイズチェーン(FC)方式で展開していること、店舗運営はWASHハウス本部が担い、FCオーナーは直接関与しないこと、宮崎市の本社にあるコールセンターで全店舗を遠隔操作、管理していることだ。