有名大学前に続々出店。無料で就職活動にも役立つと大学生の話題を集める「知るカフェ」。今年4月にはインド工科大学の構内にも出店。海外展開を加速する。
右から田口弦矢COO、柿本優祐CEO、末政博行・取締役、森脇夕里江・執行役員(神戸大学)、眞保榮祐介・取締役、畑井田滉生・執行役員(京都大学)(写真=太田 未来子)
学生に社会との接点を
大学の至近距離に学生が無料で使えるカフェを開設。スポンサー企業が学生に業務内容などを説明する機会を設ける

 大学キャンパスを出て徒歩数分。学生証を出せば、飲み物は無料。スマートフォンも充電できるし、無線LANは使い放題──。そんなカフェが今、有名大学学生の人気を集めている。

 「知るカフェ」。2013年12月に同志社大学の前に1号店をオープンしたのを皮切りに、わずか2年強で東京大学、早稲田大学、慶応義塾大学、京都大学、名古屋大学など、全国11大学のキャンパス周辺に店舗を展開した。来店する学生の数は、全店合計で1日当たり2500人以上に上る。

 無料でも採算が取れるのは、企業からスポンサー料を得ているからだ。料金は1社当たり年間120万円。三井物産やユニクロ、三井住友銀行、東京ガスといった大手からベンチャーまで様々な企業が、店舗ごとに十数社名を連ねる。

 スポンサー企業は、学生に企業や業界を理解してもらうために、カフェの中で少人数制イベントを開催できる。店内には企業紹介のパンフレットを置けるほか、ロゴも掲示される。一方学生にとっては、就活生はもとより1~2年生の頃から、会社や業界の知識を深められるというメリットがある。

「情報不足のまま就職」に一石

 運営会社エンリッション(京都市)の柿本優祐CEO(最高経営責任者)は「スポンサーが集まれば、出店と同時に黒字になる」と説明する。人手不足の中、少しでも質の高い学生との接点を増やしたい企業をスポンサーに獲得するというビジネスモデルが、時流に乗った。そんな知るカフェの原点には、柿本氏が就活で感じた強烈な違和感がある。

 「え、これから志望業界を探すの?」

 柿本氏が周囲の同級生を見て疑問を持ったのは、大学3年生の4月のことだった。柿本氏は既に、社会人の友達から話を聞き、ある大手商社に志望企業を絞っていた。見渡せば、十分な情報を得ないまま就職し、結局、短期間で退職した先輩も多い。そこでひらめいたのが、学生と企業の相互理解を深める「知るカフェ」のビジネスモデルだ。