海外売上高比率97%超の知られざるグローバル企業。「メード・イン・長野」のミニショベルで欧米市場を席巻する。品質や性能の高さから、欧米のユーザーが同社製品に名づけた愛称は「建機のベンツ」。2018年2月期推定の売上高は5年前の2倍超にあたる900億円。地方企業が海外顧客の心をつかんだ秘策とは。

(日経ビジネス2018年3月12日号より転載)

米国法人の従業員と製品。背後ののぼり旗の言葉を訳すと「知る人ぞ知る」。プロ好みの質実剛健を示す

 NHK大河ドラマ「真田丸」の舞台になった長野県上田市に隣接する信州の山あいの町に、世界の建機業界で覇権を争うグローバル企業がある。東証1部上場企業なのに、日本での知名度はいまひとつ。それもそのはず、売上高の97%超を海外で稼いでいるのだ。

 その企業の名は竹内製作所(長野県坂城町)。建築や土木作業の現場で使われるミニショベルを本社工場で生産し、世界に輸出する。2018年2月期推定の売上高は900億円、地域別では北米と欧州が420億円超ずつを占める。その実力は折り紙つきだ。重量6トン未満のミニショベルで、北米市場で5位、欧州では2位につける。

海外の経済成長とともに拡大基調
●竹内製作所の連結業績
注:決算期は2月期。18年は会社推定、19年は市場予想
海外比率が97%超
●地域別の売り上げ構成(18年2月期推定)
注:シェアは「Off-Highway Research 2017」

 なぜ、日本で無名に近い建機メーカーが、欧米でこれほどまでに受け入れられているのか。クボタやコマツ、米国のキャタピラーやボブキャットなど強豪がひしめく中で、「二番煎じではなく、オリジナルの製品を追求してきた」(営業部の宮川修部長)ところに、竹内製作所の強さがある。