労務管理や採用を効率化

 HRテックをうまく利用すれば、採用や労務管理といった手間のかかる人事の仕事を効率化し、人事担当者の負担を軽減できる。

 「以前は社員の社会保険や雇用保険を申請したり、管理するのに忙殺されていた」。クラウドワークスで人事を担当する居村雅典氏はこう振り返る。

 急成長に伴い、同社の社員数はこの1年で倍増。これに対応すべく新しい人事制度の導入を検討していたが、社員の保険申請手続きは煩雑を極め、ほとんどの時間をその作業に充てざるを得なかったという。

 何とか状況を打開しようと今年4月、あるソフトウエアの導入を決めた。それがITベンチャーのKUFU(クフ、東京都港区)が開発した「SmartHR」というクラウド型の労務管理ソフトだ。

 導入以降、社員本人が名前や住所など基本的な情報を入力するだけで保険申請に必要な書類が完成し、役所に行かなくても電子申請できるようになった。結婚や退社など社員の環境が変化した際は、社員自らクラウド経由で情報を更新できる。「(保険申請の)手間が約3分の1に減り、社員の増加に対応した新人事制度の設計に注力できるようになった」と居村氏は言う。

人事部にIT化の波が到来
●主なHRテック関連のサービスと企業

 SmartHRはサービス開始から約1年で2000社を超える顧客を獲得。足元でその伸びは加速しており、「年内に4000社の突破を狙いたい」(KUFUの宮田昇始・代表取締役)だという。

 採用の効率化もHRテックの得意とするところだ。リクルートキャリアやテンプホールディングス(HD)など、人材仲介を手掛ける各社はAI(人工知能)を使って、求職者と企業それぞれに最適だと考えられる候補を提案するサービスを展開している。