無人島、古民家、宗教施設、自宅駐車場にマンションの軒先…。 一昔前には考えられなかった遊休資産レンタルビジネスが勃興している。 本格的に普及すれば、地方創生や老後不安解消へのきっかけにもなり得る。

RENTAL
無人島
貸します

東京湾に浮かぶ神奈川県横須賀市の猿島。横須賀市は、探検心をくすぐるこの無人島の1日レンタルを開始した

「無人島の1日オーナーになってみよう」

 2015年11月、そんなレンタル告知がインターネット上に登場した。借りられるのは、東京湾に浮かぶ無人島「猿島」(神奈川県横須賀市)。レンタル料は1日7万8500円で、企業のイベントや研修で借りてもいいし、1人で贅沢に「1日無人島生活」に挑戦してもいい。

 猿島に上陸するには横須賀市の中心部から徒歩12分の場所にある三笠桟橋から船に乗って10分ほど。面積は5万6600平方メートルと東京ドームの1.2個分、外周1.6kmの小島ながら、東京湾で最大の島だ。

 2014年設立の新興企業、スペースマーケット(東京都新宿区)が、横須賀市とともにこのサービスを考案した。

(写真=右上・右下:読売新聞/アフロ)

 横須賀市では猿島を有効活用できないか思案してきた。夏の間はいい。バーベキューや海水浴ができる海岸があり、そこから島の内部の森を歩いていくと、レンガ積みのトンネルや砲台跡などの旧軍施設がある。非日常的空間で探検気分が味わえることから島を訪れる人も多く、仮面ライダーのロケ地などとしても使われてきた。