誰でも勝者になれる市場

 現時点では人材や技術、そして資金の面でも、ISTはスペースXやブルーオリジン、ULAにかなわない。それでも堀江の思いに引き寄せられ、優秀な人材が集まっている。

 今後の成否を分けるのはスピードだ。顧客となる衛星事業会社や衛星開発ベンチャーなどの信頼を得るには、宇宙空間に到達するロケットの打ち上げを早期に成功させることが欠かせない。

 ISTと同じ小型ロケットを開発するベンチャーで、それを達成した会社はまだない。実績さえ早く作ってしまえば、誰でも勝者になれるということだ。

 2016年はISTだけでなく、競合他社も初号機を打ち上げる。ロケット少年たちの夢が結実する日は間近に迫っている。

【INTERVIEW】
インターステラテクノロジズ創業者 堀江貴文氏に聞く

人間が考えたことは必ず実現する
(写真=的野 弘路)

 民間で宇宙空間の到達に成功している企業は、政府機関に開発を委託されている一部の企業を除いてまだない。投資家にしてみれば、「本当に飛ぶの?」と半信半疑なんじゃないですか。

 ISTでは、初号機を宇宙空間に飛ばすめどが既に立っています。調達資金を使いたいのは、むしろ量産化の方。2016年中に工場を稼働させたいので、人材を確保したり工場を建設したりするのに使います。工場は北海道大樹町にある射場近くに造ることを想定していて、ちょうど今、候補地を選定しているところです。

 問題はインフラ。実験場として使っている場所は水道もなければ電気もない。舗装された道路もなかったので、ウチのエンジニアが砂利を敷いて道路を整備しました。

 事業化を進めるうえでボトルネックになりつつあるのが、人員不足ですね。燃焼実験などを実施する建屋も骨組みは自分たちで組みました。それに時間が取られて、本業をなかなか進められないこともあった。今のチームがあと2つは欲しいところです。

 ロケットの価格は現状に比べて1桁下げるつもりです。量産する量が増えればロケット1基当たり2000万~5000万円で作れる。1桁の削減に持っていければ業界へのインパクトは大きい。自動車では、試作を量産に移行した時にコストを2桁下げられると言われています。ロケットだって工業製品。同じ効果が望めるはずです。

 と言っても、最初はそれほどの数を作るつもりはありません。年間100本くらいで十分。衛星を載せて運べる軌道(オービタル)用ロケットの開発までには、まだ数年かかるので、まずは高度100kmに上がって落ちる、サブオービタル(準軌道)用ロケットを完成させます。企業のPRや無重力実験といったニーズがあると思っています。

 宇宙ビジネスで僕が最終的にやりたいのは、小惑星探査です。小惑星が惑星のかけらだとすれば、ウランの星があってもおかしくない。そんな星を見つけて原子力ロケットの部品を持っていき、プラントを造って燃料を生成すれば、さらに遠くに行けます。

 人間が考えたことは実現すると言われますが、口に出さなければ実現しません。だから僕は、まず口にする。宇宙では、人類以外の生物が映画「アバター」のような暮らしをしているかもしれないんですよ。そんな様子を見てみたいとは思いませんか?

 そのためにも目の前のビジネスをきちんと成立させる。それがサステイナブルに夢を追う秘訣です。(談)

(日経ビジネス2016年1月25日号より転載)