マスクやベゾスの盲点を突く

 スペースXやULAは、一つのロケットに重量のある大型衛星や複数の衛星を積むことを前提としている。大量の積載物を一気に宇宙へ運ぶことで、打ち上げ価格を下げる算段だ。

 一方のISTは、取り扱う衛星を重量50kg以下の「超小型衛星」に限定する。しかも、一つのロケットで打ち上げるのは衛星1基のみだ。

 ISTの方が非効率に映るが、堀江に言わせれば「全く逆」。大きな重量を打ち上げるロケットの開発には、難易度の高い技術や多くの人材、莫大な資金が必要になる。ロケットを再利用するとなれば、なおさらだ。しかし、たった1基の衛星を再利用もせずに打ち上げるのなら様々なコストを削減できる。

 例えば、ロケットの姿勢や位置を検知するジャイロやGPSに、スマートフォンに入っているのと同じ低価格品を使う。エンジン本体は、ネット通販で調達した材料を自分たちで加工して作る。小さな衛星を打ち上げるため、それほど高い性能を必要としないからだ。

 強度も必要最低限でいい。そのため機体を薄くして軽量にできる。ひいては、燃料の使用量を減らせ、さらなるコスト削減につながる。一石二鳥どころか、三鳥にも四鳥にもなるのだ。

 同時に、従来の課題も解決できると見込んでいる。これまでのやり方では複数衛星を一つのロケットで打ち上げるので、それぞれの衛星は打ち上げ後、目標の軌道に自力で移動しなければならなかった。移動手段を装備するために重くなり、サイズも大きくなる。

 一方のISTは1基ずつ打ち上げるので、目的の軌道に直接、乗せることができる。移動手段は必要ない。

 堀江は、「5億~数十億円かかっていた打ち上げコストをまずは3億円に下げる」と言う。3億円なら、工場の大型生産設備とほぼ同じ価格帯。実現すれば、ごく一般の企業が衛星を所有する時代も視野に入る。つまり、堀江が仕掛けているのは、衛星打ち上げビジネスの価格破壊ということだ。

 宇宙関連のベンチャー企業を中心に投資するベンチャーキャピタリストの青木英剛は「普通の企業にとっても、衛星がインターネットのような身近なインフラになる時代が来る」と語る。例えば、食品スーパーが宇宙からライバル店の客入り状況を把握し、自社の出店戦略に生かすようなこともできる。

格安小型ロケットへのニーズが高まっている
●世界の人工衛星関連売り上げの推移と2014年の分野別内訳
●世界の人工衛星関連売り上げの推移と2014年の分野別内訳
[画像のクリックで拡大表示]
●超小型衛星(50kg以下)搭載ロケットの打ち上げ数の推移
●超小型衛星(50kg以下)搭載ロケットの打ち上げ数の推移
出所:SpaceWorks調査の「2015 Small Satellite Market Observations」
[画像のクリックで拡大表示]
●格安小型ロケットが解決する従来の課題
●格安小型ロケットが解決する従来の課題
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 誰でも勝者になれる市場