日産自動車は2016年7月末、高速道路の単一車線上での運転を支援する「プロパイロット」を発表した。渋滞走行など低速域でも、アクセルやステアリング、ブレーキを自動操作するのが特徴。日産は“自動運転技術”と呼ぶが従来と同様の運転支援システムであり、運転者は運転に注意を払う必要がある。

 8月24日に発売する3列シートの新型ミニバン「セレナ」から搭載する(下写真、図1)。同技術を搭載した車両の価格は発売時に公開するというが、300万円を切る水準に設定するという。

「プロパイロット」を採用する新型「セレナ」。高速道路で低速を含めた自動追従の運転支援システムを搭載したのは日本車で初めて
図1 プロパイロットのシステム構成
単眼カメラで、車両前方の車線や先行車を検知し、ステアリングやアクセル、ブレーキを自動制御する

 プロパイロットは、先行車追従機能と車線維持支援の二つのシステムを同時に、停止まで含めて使えるようにした(図2、3)。高速域だけでなく、渋滞走行時でも先行車に追従して運転するため「運転者の運転負荷を大きく軽減できる」(AD&ADAS先行技術開発部長の飯島徹也氏)とする。

図2 プロパイロットの今後の展開
2016年の高速道路単一車線、2018年の同複数車線、2020年の交差点など市街地の3段階で進化させる
図3 プロパイロットの特徴
イスラエルMobileye社の画像処理チップを採用することで、車線や先行車を高精度に解析する

 副社長で開発担当の坂本秀行氏は「自動車事故の9割は運転者に原因がある。今回のシステムは運転者の負荷を減らすため、究極の目標である事故ゼロに近づく」と述べる。