山口:つまり亜鉛を添加しても最初は光らなかった。

天野:すごく弱かったんですね。でもNTTの武蔵野研究開発センターで電子顕微鏡を使わせてもらったとき、窒化ガリウムが電子線を浴びると青色発光がぱっと強くなる。それで電子線照射は効果があることが分かったんです。

 それから亜鉛よりもイオン化しやすいマグネシウムを添加した方が効果的なことに気が付いて、マグネシウム添加に切り替えたら、すぐできました。マグネシウムを入れただけだとp型にならなかったんですけど、電子線を当ててp型になった。それでようやく博士号が取れた(笑)。

山口:これは世界に衝撃を与えました。窒化ガリウムはもともとp型にならないんじゃないかとされていましたね。理論物理学者の中には「窒化ガリウムはp型にならない」と主張する人もいた。ところが、p型になることが世界で初めて証明されて、みんな驚嘆したと思います。

天野:でもどうだろう、半信半疑じゃないですかね(笑)。

天野浩氏
(写真:上野英和)

山口:1500回以上も実験を繰り返す根性というか土壇場の感覚が培われたのは、それまでに何か体験なり素地なりがあったんでしょうか。

天野:何だろう、うちは、おじが書道をやっていて、小学生の頃はずっと習字で同じ字を書いていたので、ずっと繰り返しやるのは、そんなに苦じゃなかったかもしれないですね。

山口:相手が材料、物質ですよね。物を言わないじゃないですか。物言わぬ相手と駆け引きをするというのは、普通の人はとても不得意です。

天野:レスポンスがない。でも当時は本当に顕微鏡と蛍光顕微鏡しかなかったわけです。でも顕微鏡を見ていると語ってくれますよね。

山口:語ってくれます。よく分かります。

天野:見ると何か語ってくれます。それは楽しかったですよ。

次回に続く

『物理学者の墓を訪ねる ひらめきの秘密を求めて』
最も偉大な物理学者が眠るのは遊び心満載の“遊園地"だった

 「ニュートンが万有引力の法則を発見した瞬間」「湯川秀樹が中間子を思い付いた瞬間」――。偉大な物理学者たちによる「創発」は、いかなるプロセスから生まれたのか。著作や論文にも記されていないひらめきの秘密は、「墓」にあった。

 物理学者の墓石に刻まれた文字からは、生前の業績だけではなく、遺族や友人たちの思いや、亡くなったときの時代背景などが浮かび上がってくる。自らも物理学者であり、数々のベンチャー企業を創ってきた筆者が、世界を変えた天才たちによる創発の軌跡をたどるとともに、現代のイノベーション論にも言及するスケールの大きな著作。