『シン・ゴジラ』とキリンとアゲハとアトムと

有人深海調査船「しんかい6500」から撮影した沖縄トラフの熱水噴出孔。群集しているカニのように見えるゴエモンコシオリエビには化学合成の能力はないが、胸部の豊かな毛の中にたくさんの「化学合成」を行う超好熱微生物を「飼育」しており、それを餌として生命を維持している。右はJMASTCの高井研さんが発見・命名したアーキア(古細菌・化学合成微生物)の数々。(写真左・山根一眞、写真右出典・JAMSTEC)
閉じる