日経ビジネスオンラインでは、各界のキーパーソンや人気連載陣に「シン・ゴジラ」を読み解いてもらうキャンペーン「「シン・ゴジラ」、私はこう読む」を展開しています。※この記事には映画「シン・ゴジラ」の内容に関する記述が含まれています。

ゴジラに破壊される町でゴジラを観る

 東京湾に出現した2016年版のゴジラが変態(成長)しながら上陸、ゆっくり進みながら破壊していく町のシーンとして品川界隈が出てくる。

 その画面を品川にある映画館のIMAXの巨大スクリーンで見てきた。それは、かつて太平洋を横断飛行中の機内で、ハラハラしながら航空パニック映画を見た時のことを思い出させた。自分が今いる「現実」に「虚構」の映像を重ね合わせて体験できるのは、映画ならではだ。

 もっとも、その「虚構」の作り方が稚拙であっては、ワクワク、ドキドキの、「現実」と「虚構」の切実感は成り立たない。

 製作者の意図がそれだったのかどうか、『シン・ゴジラ』のポスターのキャッチが「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)。」であることに後で気づいた。

『シン・ゴジラ』のポスター。「現実対ゴジラ。」と記してある意図が何なのかは意味深長だ。(©2016 TOHO CO.,LTD.)

 『シン・ゴジラ』の製作者が、稚拙に陥ることなくゴジラの現実性をとことん追求した努力は見事だった。描かれているゴジラは、まったくもって無茶苦茶な理屈で作られていて、その見事な無茶苦茶さが出て来るたびに、私は(声をひそめて)笑い続けていた。ハラハラ、ドキドキではなくて、笑い続けながらSFアクション・パニック映画を見たなんて初めてのことだった(ハラハラ、ドキドキを味わいたかったが)。

 『シン・ゴジラ』の脚本・総監督は、2007年~2012年にわたり4作の劇場映画『エヴァンゲリオン』シリーズを製作した庵野秀明さん(1960年生まれ)。「エヴァンゲリオン」は、1970年代以降生まれの世代にとっては、それ以前の世代が摂取したことのない必須栄養素の一つ。そのため、その世代から、「『エヴァンゲリオン』を知らないオジサン、オバサン世代は『シン・ゴジラ』を見てもわかんないだろうな、庵野監督が天才であることも理解できないんじゃないの」と言われていた。

 しかし、「エヴァンゲリオン」という必須栄養素なしでも困ったことはないし、劇場公開映画はあらゆる世代を虜にしてこそ成功作品のはず。興行収入が得られなければプロジェクト失敗なのだからと、あえて品川の映画館に出かけ、IMAXスクリーンの前から3番目に座ってポップ・コーンを齧りながら119分間を過ごしてきた(ポップ・コーンと飲料販売カウンター前は大行列で上映開始に遅れそうになった。ゴジラ映画よりその改善を切に望みます)。

 書きたいことは山とあるが、肝心のゴジラの登場シーンが思いのほか少なく映画の大半を政府や官僚たちの早口の議論シーンで占めていている点については、多くの批評家や映画ファンたちが書いており賛否がわかれているので深入りはせず、成長した体長117mという荒唐無稽なゴジラそのものについて考えてみることにした。