震える指で公開ボタンを押したあの日

日本製の7メートルアンテナ群。日本はこの7メートルアンテナ12台と12メートルアンテナ4台からなる干渉計のセット「モリタアレイ」を建造した。2014年3月に標高5000m に上がった時には異常気象による降雪がまだ残っていた。iPhoneの高度計アプリの表示は5040m。酸素不足で倒れそうだった。写真・山根一眞

閉じる