10年後に地球危機?

 2027年7月21日、接近している小惑星が地球に衝突し、多大な被害が出るおそれがある。しかも、東京がその衝突予想コースにぴたりと一致している……。その対策を議論する国際会議が、今日(2017年5月15日)から5日間の予定で日本科学未来館で開催される。

 「小惑星の地球衝突」といえば「6500万年前の恐竜絶滅の原因」が思い浮かぶが、10年後のこととはいえその対策の国際会議が東京で開催されるとは映画のような話だ。ホントなのか?

 実は、「2027年に衝突」はホントの話ではない。しかし、その対策の国際会議は実際に開催されるのである。

 どういうことか?

 この会議、IAA(国際宇宙航行アカデミー)主催の「第5回プラネタリー・ディフェンス・コンフェレンス」(Planetary Defense Conference・2017PDC)の日本での開催に尽力してきたのが、JAXA/ISAS(宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所)准教授、吉川真さんだ。

JAXA/ISAS(宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所)准教授の吉川真さん

 吉川さんは天体の軌道計算のスペシャリストで、小惑星探査機「はやぶさ」のミッションを支え、現在、小惑星「リュウグウ」に向かって航行中の後継機「はやぶさ2」のミッションマネージャでもある。地球接近天体でも日本では第一人者だ。

 私は現在、獨協大学(埼玉県草加市)で経済学部特任教授として2つの講義を担当しているが、その一つ「特殊講義・宇宙、深海、生物多様性」で小惑星をとりあげていることもあり、教室からテレビ電話で吉川さんとつなぎ、「小惑星の地球衝突」をめぐるインタビューを行った。社会とのつながりのある授業の試みのひとつだ。

小惑星地球衝突パニック映画

山根:国際会議「2017 PDC」って、どういうものですか?

吉川:2004年にアメリカのアナハイムで始まり前回はイタリアのローマ郊外、フラスカティで開催。2年に1回の国際会議ですが、今回の東京で7回目。日本のJAXA宇宙科学研究所、国立天文台、日本スペースガード協会、日本惑星協会の共催です。地球に小天体が衝突する危機にどう対応するかを、さまざまな視点で議論するのが目的です。

山根:小惑星が地球に衝突する人類の危機を扱ったパニックアクション映画には、『アルマゲドン』『ディープ・インパクト』などがありますが、現実に危機が迫っているということですか?

吉川:小惑星のような小天体の地球衝突を回避する取り組みは「スペースガード」と呼んでいましたが、最近は「プラネタリー・ディフェンス」という言葉が使われています。その取り組みが本格的に動き出したのは、1990年代の半ば、地球に接近する小惑星がたくさん発見されるようになってからです。