(前回から読む)

国のために死ねるか』(文春新書)

 前回までの対談を読んだ人は、この伊藤祐靖さんとはいったいどんな人なんだろうと思ったことだろう。元海上自衛官で、1999年3月の能登半島沖不審船事件の際には護衛艦「みょうこう」の航海長として不審船をあと一歩の所まで追い詰め、そこで特殊部隊の必要性を痛感して、自衛隊初となる特殊部隊・特別警備隊の設置に力尽くす。という経歴から想像する以上に、発言に芯がある。その伊藤さんは現在、ビジネスパーソンを対象とした私塾で研修を行ったり、企業で講演をしたりしている。これまでの経験を、企業経営にも活かしてほしいと考えているからだ。そのほかにも、個人的な“身の守り方”についての指南も行っている。

一番強い必要はない、正しく立て

成毛:このご時世、テロから身を守るための方法、トレーニングを知りたいという人もいると思うのですが、どんなことを意識したらいいですか。

伊藤:犯罪組織がテロを起こすときも、不良がカツアゲするときも、ライオンが餌を狙うときも、最初にすることは同じです。サーチングです。誰に狙いを定めるかを考えるのです。成毛さんならどうしますか?

成毛:確実に仕留められる相手を狙います。

伊藤:つまり、一番弱い奴を狙うわけですね。ですから、その場で一番弱くさえなければ、サーチングには引っかかりません。一番強い必要はありません。

成毛:一番強くなくても、せめて下から二番目に強いように見えれば、まずはいいんですね。

伊藤:サーチングによって「あいつだ」となると、次はターゲッティングです。立ち居振る舞いや重心軸の動き、体の傾きなどに注視します。正しく立って、正しく歩いていれば、絶対とは言えませんが、まずターゲッティングされないと思います。

成毛:正しく立つとはどういうことですか。

伊藤祐靖(いとう・すけやす)
1964年生まれ。日本体育大学から海上自衛隊へ。防衛大学校指導教官、「たちかぜ」砲術長を経て、「みょうこう」航海長在任中の1999年に能登半島沖不審船事件を体験。これをきっかけに自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊「特別警備隊」創設に関わる。42歳、2等海佐で退官。以後、ミンダナオ島に拠点を移し、日本を含む各国警察、軍隊に指導を行う。現在は日本の警備会社などのアドバイザーを務める傍ら、私塾を開いて現役自衛官らに自らの知識、技術、経験を伝えている(写真:川島良俊、以下同)