(前回から読む)

国のために死ねるか』(文春新書)

 《軍隊には、その国の底辺に近い者が多く集まってくるものなのだ》《日本という国は、何に関してもトップのレベルに特出したものがない。ところが、どういうわけか、ボトムのレベルが他国に比べると非常に高い。優秀な人が多いのではなく、優秀じゃない人が極端に少ないのだ》――組織論として読み応えのある『国のために死ねるか』(文春新書)の著者、元自衛官の伊藤祐靖さんは、自衛隊初の特殊部隊、海上自衛隊の特別警備隊の設置に力を尽くした人物だ。

 特殊部隊と聞くと、どうしてもディスカバリーチャンネルで見る『アメリカ海軍特殊部隊』シリーズなどを想像してしまう。むくつけき筋骨隆々とした男たちが、過酷な環境下で黙々と任務に取り組む、あのイメージだ。伊藤さんも、著書の帯の写真ではフライトジャケットを着て、こちらを睥睨するように胸の前で腕を組んでいるだが、今日は、青い小花柄の半袖シャツに、水色のパンツという出で立ちなのである。

世の中に溶け込むように、目立たぬように

成毛:伊藤さんは、いかにも特殊部隊の人という外見ではないですよね。

伊藤:世の中に溶け込むように、目立たないようにしています。

成毛:特殊部隊の隊員であることを識別する方法はあるんですか。

伊藤:コウモリとサソリをあしらったバッジがあります。コウモリは夜のパラシュート降下のイメージ、サソリはワンショット・ワンキルのイメージです。でも、それをつけてそこら辺を歩くことはありません。むしろ隊員には、長髪や茶髪を承認していました。

成毛:特殊部隊の人だとすぐには分からないようにという工夫ですね。

伊藤:ただ、潜るために水中マスクをつけるので、やはり髪は短い方がいい。それに、江田島ではバレバレでした。あそこでは、飲み屋に行くと私は「小隊長」と呼ばれていましたし(笑)。

伊藤祐靖(いとう・すけやす)
1964年生まれ。日本体育大学から海上自衛隊へ。防衛大学校指導教官、「たちかぜ」砲術長を経て、「みょうこう」航海長在任中の1999年に能登半島沖不審船事件を体験。これをきっかけに自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊「特別警備隊」創設に関わる。42歳、2等海佐で退官。以後、ミンダナオ島に拠点を移し、日本を含む各国警察、軍隊に指導を行う。現在は日本の警備会社などのアドバイザーを務める傍ら、私塾を開いて現役自衛官らに自らの知識、技術、経験を伝えている(写真:川島良俊、以下同)