国立科学博物館副館長の藤野公之さんとの対談、後編である。
(→前編から読む)

 2015年7月、国立科学博物館(通称、科博)の本丸・地球館がリニューアルオープンした。更新されたのは3分の1ほどのエリアだが、新たな発表の場を得た研究者たちは、さぞや燃えたに違いない。
 2015年に『国立科学博物館のひみつ』(ブックマン社)を上梓した私は、その新展示にかける熱い思いをうかがうべく、藤野副館長を訪ねた。
 今回は「成毛探偵社」特別編として、新刊『国立科学博物館のひみつ 地球館探検編』(ブックマン社)に収録した藤野副館長との対談を公開する。「科博、やるじゃん!」と思われた皆さんには、実に15名以上の研究者とともに展示室を巡った様子をまとめた新刊もお読みいただければ幸いである。そして実際に科博に足を運び、数々の貴重な展示をその目で楽しんでいただきたい。

過程も失敗も公開

藤野:科博はスミソニアン博物館などに比べると、ぎゅっと凝縮されている印象があるかと思いますが、実際、スペースが狭いんです。ここ上野には日本館と地球館があり、それぞれ地上3階、地球館はさらに地下3階までありますが、これ以上の拡張はできません。ですから、いろいろなところと結びつかないとナショナルセンターとしての機能を十分に果たしていけないのではないかと思っているんです。

国立科学博物館副館長の藤野公之さんとの対談、後編です(写真:高岡 弘、以下同)

成毛:上野公園の一角にあるのですから敷地は広げられませんよね。建物だって高いビルに建て替えるわけにもいかないでしょうし。

藤野:それをやってしまうと科博の良さがかなり失われてしまうと思います。重要文化財に指定されている日本館がここ上野公園にあることで、風情がありますから。

成毛:情緒的でしっとりしていますよね。科学技術の博物館はそうであったほうがいいと思います。展示物がアートならカラっとしていてもいいですが、サイエンスは人間そのものだし、技術は人間の営みですから。クラウドファンディングのような、人を巻き込む試みもその意味でサイエンス的だと思います。

藤野:国立の博物館や美術館では初の試みでしたが、クラウドファンディングは今後もいい形で使っていきたいです。その目的は資金を集めることだけでなく、いろいろな人を巻き込むところにもあります。そして結果だけでなく研究や実験の過程も公開していきたいです。

成毛:アウトリーチとしてもいいですし、サイエンスは必ずしも成功するわけではないということを広く知ってもらうことは、国民の科学リテラシー向上のためにも重要だと思います。

藤野:失敗も試行錯誤もすべてお見せして、参加していただいて、研究者と一緒にやっているんだという気持ちになってもらえれば面白いなと思っています。