オーナー経営者にとって「頼りになる参謀」は、喉から手が出るほどほしいもの。しかし、現実にはなかなかいい人材に巡り合えない。それどころか、「オーナー経営の中小企業のほうが、大企業より指示待ち社員が多い」。こう指摘するのは、中堅・中小企業の経営幹部向けのセミナーの講師としても人気が高い、事業創造キャピタルの井東昌樹氏だ。その理由を解き明かす。

 オーナー社長の99%は、幹部に不満を持っている――。

 多くの経営者と接してきた私の肌感覚です。

 私は大学卒業後、都市銀行勤務時代に親しくなったオーナー社長が経営する中堅アパレルに転職。そこで赤字部門を再建したのを振り出しに、複数の中堅・中小企業で幹部を務めてきました(詳しくは「著者プロフィール」参照)。今は、事業創造キャピタル(新潟市)というベンチャー投資や経営コンサルティングを手掛ける会社の社長をしています。この会社は、新潟市に本拠を置くNSGグループの傘下にあるので、いわば「現役幹部」です。部下としてはもちろん、コンサルタントとしても、多くのオーナー経営者と付き合ってきました。

 そこでしばしばこんな嘆きを聞きます。

 「うちの幹部はどうも頼りにならない」
 「私には任せられる右腕がいない」

 では、「頼りになる」「右腕として任せられる」と、オーナー社長が満足する幹部とは、どんな条件を備えた人材なのでしょうか。

ワンマン社長は「スピード感ある実行力」を求める

 オーナー社長の多くは、良くも悪くもワンマンです。どんなビジョンに基づき、どんな戦略を立てるか。どういうターゲットに狙いを定め、どんな商品を生み出すか。どういう人材を採用し、どんな組織をつくり上げるか……。ありとあらゆることを自分で決定し、社員を動かして実行しようとします。

 そういうオーナー社長にとって、頼れる参謀、右腕とは、「社長の思いや考えをすべて理解したうえで、素早く実行に移せる人材」と定義できます。

 しかし、実際にオーナー社長が率いる会社の社員は、そんな社長の理想通りではないことが多いため、「今イチ物足りない」「頼りにならない」と感じさせてしまうのです。

 では、具体的に社長は幹部のどんな点に不満を感じているのでしょうか。

 私が見るところ、2つの要素があります。

著者の井東氏。中堅・中小企業の経営幹部向けのセミナーで講師を務める