無理な成長はしない

 山戸社長は言う。

 「あるテレビ番組で、一流パティシエを目指す日本人を取り上げていた。フランスの一流店に修業に行ったら、実はレシピも材料の分量も自分が作っていたものと同じだった。では、その差は何かというと徹底する度合い。そのシェフは、物事を徹底するかしないかで結果が違うことを学んだという。人と同じことをやっているようでも、それをどこまで突き詰めて徹底できるか。ここが重要だと思う」

 山戸社長が二代目社長に就いたのは今から3年前。創業者の父と違い、カリスマ性のない自分がどのように経営をしたらいいのか、当初は悩んだという。

内視鏡や風速計を使って、トイレのあらゆる場所をスタッフが検査する
内視鏡や風速計を使って、トイレのあらゆる場所をスタッフが検査する

 「坂本光司氏の『日本でいちばん大切にしたい会社』などを読み、社員の幸せを実現するという考え方が、とても腑に落ちた。社員や社会に幸せを提供する会社なら、社会に必ず必要とされるから、会社は自然に伸びていくはず。私たちのトイレメンテナンス事業の考え方も、まさにそれに合致するものだった」

 父の里志氏は、未上場企業の株式を売買できるグリーンシート市場に公開するなど、企業成長を意識していた。山戸社長も年10%成長を目指しているが、無理やり会社を大きくする気はないし、社員を疲弊させてまで大きくしたいとも思わないという。

 むしろ、自社の強みであるトイレ診断の精度とサービスの向上に努めている。月に1度のトイレ訪問時に作成する報告書では、トイレ・便器ごとに、未解決の不具合が赤字、訪問時にアメニティが解決した問題は緑字、顧客側で解決した問題は青字で示されている。

 便座下のひびわれ、便座ピンの紛失、表示シールのはがれなど、あらゆる点をチェックし、報告する。訪問は月1回のため、指摘点を顧客側が日々の清掃で実践してこそ、トイレを真にきれいに保つことができる。だから、この赤字を緑字や青字に変えるようPDCA(計画・実行・確認・改善)サイクルを回すことを顧客にも求めるのだ。

 山戸社長は言う。
 「世界中を探しても、ここまで科学的にトイレを診断し、その実行まで細かく指導するのは、おそらくうちくらいだろう。『そこまでやってどうするのか、あんたはバカか』と言われようとも、私たちは『厠道(かわやどう)』をとことん徹底する。仕事を突き詰めれば、他社と競争することもない」 

(この記事は、「日経トップリーダー」2017年11月号に掲載した記事を再編集したものです)

この記事はシリーズ「ベンチャー最前線」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。