でも、そこからさらに大変でした。習慣は急に変えられないですから。それが5年前の話で、最近、ようやくバランスが取れたチームになった気がします。平和ボケもないし、戦ってもいない。

幸福について考えることが必要

 人間は競争するという要素がなくなると、自分で自分を律していかなければモチベーションが低下し、成長が止まる。それを防ぐのは簡単ではないということが、実体験でよく分かりました。

 ただそれは私のリーダーシップの問題で、もっとうまくハンドリングしていれば、平和ボケは起きなかったかもしれない。具体的には先ほどの内発的な動機付けをするといったことです。

 ですから、私自身も今なお、模索中なんです。競合相手がいない、お客様とも関係は良好、社内も仲がいい。三拍子がそろうことで幸福度は確かに高まる。ただ、自己成長しない組織では、それはそれで幸福ではない。

 でも、そうして幸福について考えるということが、経営者にはもっと必要ですよね。企業経営が人を幸せにするためにあるはずなのに、経営者が幸福というものに関心がないのは、やはりおかしいことだと思うんです。

(この記事は、「日経トップリーダー」2017年11月号に掲載した記事を再編集したものです)

この記事はシリーズ「ベンチャー最前線」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。