では、次に瞑想の体験をしてみましょう。「Guided Meditations」(慈悲の瞑想)を今日は紹介します。まず背筋を伸ばして座ってください(経営者が居住まいを正して実践する)。

 まず呼吸に集中してください。息を吸ったり吐いたりするのを感じてください。次にゆっくりと鼻から息を吸って、ゆっくりと口から吐いてください。これを何度か繰り返してみてください。それでは普通の呼吸に戻してください。ハートの辺りに意識を集中してください。できれば片方もしくは両方の手をハートの上に載せてください。

 今から私が述べる言葉を心の中で反すうしてみてください。「私が健康でありますように」「私が幸せでありますように」「私の心が平和でありますように」「私が愛されますように」。

慈悲の瞑想を実践する様子。次第に穏やかな表情になっていく
 

 次に自分のことを大切にしてくれている人や愛してくれている人のことを思い浮かべてみてください。その人が隣にいるとイメージしてください。その人に向かってこう言ってみてください。「健康でありますように」「幸せでありますように」「心が平和でありますように」「愛されますように」。ハートの辺りにもう一度注意を向け、温かさを感じてください。

 次にあなたの周りにいる人で今、つらい思いや大変な思いをしている人、病気の人などを思い浮かべてください。その人たちに心の中でこう言ってください。「健康でありますように」「幸せでありますように」「心が穏やかでありますように」「愛されますように」。もう一度ハートに注意を向けて、ハートの温かさを感じてください。

 それでは自分自身に再度注意を向け、自身にこう話し掛けてください。「私は健康です」「私は幸せです」「私の心は平和です」「私は愛されています」。その上で、もう一度ハートの周りの温かさを感じてください。最後にもう一度、自分の呼吸に集中してください。空気が入る感じ、出ていく感じを味わってください。それでは、ゆっくり目を開けてください。