気付く人は1時間で変わる

田所:これまで500社ほどスタートアップのメンターをしてきましたが、気付く人は1時間で変わります。ある起業家は、研究機関が研究者に実験装置をシェアするビジネスを考えましたが、僕はもう少し深掘りしたほうがいいとアドバイスしました。

 実験はあくまで研究の手段です。大事なのは研究の成果を上げること。となると、実験装置をシェアするより、研究成果を上げるために何ができるかを考えるべきです。この起業家はかなりショックを受け「事業を一から作り直します」とメッセージが来ました。1時間のメンタリングでしたが、より核心に近付くことができました。

伊藤:AI(人工知能)は無限にアクションとスキルを繰り返して上達するだけで、マインドがありません。だから、AIに非合理的な決断はできない。けれど人間はちょっとした気付きで、自分にしか成し遂げられない事業ストーリーを発見できる。それによって強烈な使命感が芽生え、非合理とも思える挑戦に立ち向かうのです。

(構成:吉村克己)

(この記事は「日経トップリーダー」9月号の記事を再編集したものです)

失敗しない新規事業のつくり方」セミナーを開催します!

 日経トップリーダーでは、中小企業の新規事業立ち上げのノウハウを学ぶセミナー「失敗しない新規事業のつくり方」を9月20日(木)に開催します。

 講師は『起業の科学』の著者、田所雅之氏です。

 事業を新しく立ち上げるときにどんなステップを踏むべきかを時系列で整理。陥りやすい失敗例と共に、アイデアの見つけ方、アイデアの磨き方、顧客が欲する商品への仕上げ方といった段階ごとに、新規事業における「失敗のサイエンス」を学びます。

 詳細は「失敗しない新規事業のつくり方」をご確認ください。