1805年創業、くず餅の製造、販売を手掛ける船橋屋。この老舗菓子店に全国の学生が殺到している。2015年、5人の新卒採用枠に、全国から1万6625人の学生がエントリーしたのだ。

 なぜ船橋屋は超人気企業になったのか。SNSを積極的に活用するとともに、会社のイメージを大きく刷新したことが主な理由だ。具体的にどんなことをしたのか、詳しく見てみよう。

船橋屋の8代目、渡辺社長(中央)と入社4年目の社員。撮影中も会話が絶えず、社長と若手の距離感は近い(写真/小野さやか)

 1805年に創業し、東京、千葉を中心に24店舗でくず餅の製造、販売を手掛ける船橋屋(東京・江東)。売上高17億円(2017年3月期)、従業員数200人の老舗和菓子メーカーの5人の新卒採用枠に、15年、全国から1万6625人の学生がエントリーした。

 男性の新卒採用を始めた08年には250人だった応募者数が、なぜ飛躍的に伸びたのか。

 超人気企業となった背景には、若手社員が毎日更新したブログの存在があった。

365日の更新

 「船橋屋は古くて、若い社員がいない」──。かつて、学生が社員に語った船橋屋の企業イメージだ。あながち嘘ではなかった。

 従来、くず餅職人や営業職の男性社員は中途で採用しており、販売職はパート社員が主だった。数人の女性社員を新卒採用していたものの、結婚などを理由に数年で退社することが多かったという。

 旧都市銀行での勤務を経て船橋屋に入社し、08年に8代目に就任した渡辺雅司社長は危機意識を持っていた。「男性を含めた新卒採用に力を入れ、若い社員を育てなければ組織は活性化しないし、会社も続かない」。

 そこで当時、通販事業と共に採用担当を兼務することになった入社4年目の佐藤恭子氏(現・執行役員企画本部本部長)は、お金をかけずに実施できる対策として09年、大手人材会社が運営する採用サイトでブログを開始した。新卒採用に熱心な会社であることを学生にアピールするためだ。

 佐藤氏が最初に手掛けたのは「毎日更新すること」だった。ブログを更新するたびに「NEW」と表示される仕組みになっているため、学生の注目度が高まる。必死でネタを集め、商品情報や社員の紹介、地域や社内のイベントなどを掲載し、3年間土日も休まずに更新を続けた。